大津市旧大津公会堂

おおつしきゅうおおつこうかいどう

更新日
2018/05/21

    昭和9年に「大津公会堂」として建設されて以来、名称や用途を変えながら市民の交流の場として親しまれてきました。
    昭和60年からは、大津市社会教育会館の名で社会教育の拠点として利用されてきましたが、施設の老朽化に伴い耐震上の問題や利用率の著しい低下などの問題を受けて、耐震補強や外観修景を行い、大津市の中心市街地の賑わいを取り戻す為の集客交流拠点として新たに整備されました。
    現在はレトロな外観をそのままに1階にモダンなレストランを、2階に集客交流・まちづくり拠点施設を設け、観光客や市民が交流できるスペースとして活用されています。
    平成22年3月に景観重要建造物に指定。

    所在地
    大津市浜大津1−4−1
    アクセス
    公共交通機関
    JR琵琶湖線 「大津」 下車 徒歩 15分
    京阪電鉄/石山坂本線 「びわ湖浜大津」 下車 徒歩 1分
    名神高速道路大津ICより約15分
    営業時間
    開館時間/午前9時から午後10時
    *但しレストラン部分の営業については、各店舗にお問い合わせください。
    定休日など
    休館日/年末年始
    *但しレストラン部分の営業については、各店舗にお問い合わせください。
    ウェブサイト
    お問い合わせ

    旧大津公会堂管理事務所

    TEL
    077-522-8220
    FAX
    077-522-8220