滋賀県醒井養鱒場

しがけんさめがいようそんじょう

名勝「醒井峡谷」にあり、宗谷川の清水と広い河川敷を利用して、明治11年(1878年)に設立された日本でもっとも歴史のあるマス類の増養殖施設の一つです。現在ニジマスだけで約125万尾、アマゴ・イワナが約60万尾飼育されています。約19平方メートルの敷地内に83面の飼育池、資料館、研究室、水族館、さかな学習館のほか料理店・売店や鱒釣り池があり、家族連れの行楽に適しています。
 釣った魚は買取式で持ち帰ることもできます。また、場内および周辺の料理店では、刺身、フライ、塩焼きをはじめ、あらゆる鱒料理が豊かな自然の中で堪能できます。

所在地
米原市上丹生
アクセス
JR東海道本線「醒ヶ井駅」から乗り合いタクシーまいちゃん号で約10分「上丹生ー9」下車すぐ。詳しくは、米原市公式ウェブサイト「まいちゃん号・カモン号の運行見直しについて」をご覧ください。
米原IC下車15分、関ヶ原IC下車20分
駐車場
普通車 200 台
大型車 20 台
その他
駐車場は民営。料金は、大型バス1,500円、マイクロバス1,000円
普通車400円です。
料金
大人 500円(10月~540円)
高校生・大学生 300円(10月~320円)
小学生・中学生 無料
6歳未満幼児 無料
(30名以上団体割引あり)※減免規定別途
営業時間
8:30から17:00(3月から6月、10月から11月) 8:30から18:00(7月から9月) 8:30から16:00(12月から2月)
定休日など
年中無休。ただし、12月28日〜1月4日まで休場です。
ウェブサイト
お問い合わせ

滋賀県醒井養鱒場

TEL
0749-54-2715