瑞龍寺(村雲御所)

ずいりゅうじ(むらくもごしょ)

更新日
2020/10/26

    JR近江八幡駅の北西約3km、八幡山(271.9m)山頂にある八幡城本丸跡の寺院。日蓮宗。安土・桃山時代に、豊臣秀次の母であり秀吉の姉である瑞龍院日秀尼公が、秀吉に自害させられた秀次の菩提のために、京都の村雲に創建しました。そのため俗に、村雲御所と呼ばれています。のち、昭和36年(1961)に現在地に移されました。日蓮宗では唯一の門跡寺院として格式が高いです。
     石垣を左右に控えた山門が、八幡山城の盛時を偲ばせており、寺内にある釈迦三尊像や観音菩薩立像が寺院の歴史を物語っています。また、京都から移された庭園は名庭として知られています。山麓からのロープウェイの利用が参詣には比較的便利で、眼下南側には碁盤の目状に区画された近江商人の町並みが広がります。遠くには三上山(432m)、鈴鹿連山を望み、東麓の水郷から続く琵琶湖の眺望は市内随一といわれています。

    所在地
    近江八幡市宮内町19-9
    アクセス
    公共交通機関
    JR琵琶湖線 「近江八幡」 下車 バス 12分 長命寺行き・大杉町下車
    名神竜王ICから30分
    駐車場
    普通車 20 台
    大型車 5 台
    その他
    近江バス長命寺行きで大杉町下車、徒歩5分、ロープウェイに乗換え八幡山頂駅下車すぐ
    料金
    境内自由(寺院拝観料300円)
    営業時間
    9:00から17:00
    お問い合わせ

    瑞龍寺

    TEL
    0748-32-3323