沖島

おきしま

更新日
2020/09/28

    近江八幡市から琵琶湖の沖合約1.5㎞に浮かぶ沖島は、琵琶湖最大の島です。周囲約6.8㎞、面積約1.53k㎡で琵琶湖最大の島です。約300人の人が住んでいます。湖沼の島に人が住む例は世界的にも少なく、学術的にも注目されています
     市内への交通手段はもちろん船。通学、通勤用に定期便も運行されています。
     長命寺山や鈴鹿山系、比良山系の美しい眺望は、琵琶湖に浮かぶ島ならではのもの。ここでは、昔ながらの生活の知恵や豊かな自然が今も生きています。
    沖島の歴史は古く、延喜式内社として記されている奥津島神社の建立当時は、琵琶湖の航行の安全を守る神の島として崇拝される無人島だったといいます。伝承によれば、保元・平治の乱に敗れた清和源氏の流れを汲む武者が島を開拓し、定住したのが島の始まりと伝えられています。
    室町時代になると、足利義政により湖上の要衝として船舶の監視が沖島住民に命じられました。この足利義政は愛妾・今参の局を沖島に流罪とし、数日後、刺客を差し向けられた局は非業の死を遂げました。この出来事は、大佛次郎の小説「櫻子」でも知られています。
     文明年間には、琵琶湖の嵐を逃れた蓮如上人が沖島にたどり着きました。このときに遺された真筆「虎斑の名号」と「正信偈」は、島内の西福寺の寺宝として公開されています。

    所在地
    近江八幡市沖島町
    アクセス
    公共交通機関
    JR琵琶湖線 「近江八幡」 下車 バス 45分 堀切港下車
    堀切港には駐車場はありませんが、すぐ近くに専用駐車場があります。
    その他
    沖島への船は1日12便(日曜10便)
    片道乗船時間は約10分(料金500円)
    定員50名、バリアフリー、トイレエアコン付き
    料金
    沖島への渡船は、片道500円です。
    定休日など
    なし
    予約の要否
    不要
    ウェブサイト
    お問い合わせ

    沖島離島振興推進協議会(沖島コミュニティセンター内)

    TEL
    0748-33-9779