弘法杉

こうぼうすぎ

更新日
2015/07/16

    天井川になっている大沙川の堤の上にそびえる大杉は、幹の回りが6m高さ26m樹齢750年と言われて「弘法杉」。
    弘法大師がここをとおりかかった時に、眺めが良かったこの場所を昼食場所に選びました。その時に使用された杉箸を堤にさしました。後にそれが成長して大杉になったと伝えられます。
    以前は二本の大杉で、近江名所図会には二本杉として描かれていました。江戸時代に一本は台風の為に折れて枯れてしまいました。

    所在地
    湖南市吉永 大沙川堤防
    アクセス
    公共交通機関
    JR草津線 「三雲」 下車 徒歩 25分
    名神栗東ICから国道1号を走行。「吉永」の信号を右折、旧東海道側を右折してすぐ。
    お問い合わせ

    (一社)湖南市観光協会

    TEL
    0748-71-2157
    FAX
    0748-72-9622
    E-mail
    メールアドレスを表示