タグ「琵琶湖」が付けられているもの

琵琶湖で真珠ができる!?

淡水真珠の歴史と魅力

日本で一番大きな湖「琵琶湖」。この琵琶湖で真珠がとれることはご存知ですか?

琵琶湖真珠1.jpg

琵琶湖真珠2.jpg

 こんなに美しい真珠がとれるんです!

イケチョウガイが3年以上かけて育てた真珠は一つと同じものはなく、琵琶湖が作り出した芸術とも言えます。自然のなかで育まれるため、環境の良し悪しに左右されるデリケートなものです。昭和40年代には生産量が6トンを超えるほどありましたが、水質の悪化や外国産の安価な淡水真珠が入ってきたこともあり琵琶湖の真珠は激減しました。しかし、県民の琵琶湖を守る活動や環境学習、母貝の品種改良によって、徐々に生産量も増え、昨年は28㎏の生産量がありました。現在は、真珠生産者の方々や加工業者の皆さんが技術の向上や安定した供給を目指して頑張っておられます。

琵琶湖の真珠3

写真の左側2つがおよそ30年前にとれた真珠、右側2つは近年とれた真珠です。昔とれた真珠は白やクリーム色をしており、現在とれる真珠はピンクや紫など色のバリエーションが豊富です。どちらも独特の輝きがあります。

神保真珠商店

大津市にある神保真珠(じんぼしんじゅ)商店では、この琵琶湖真珠を全国の方々に知ってもらいたいと、5年前、これまで50年以上行っていた外商のスタイルを変え、滋賀県庁前に店舗を構えて多くの人に手に取ってもらえるようにしました。

DSC_0582.JPG

琵琶湖真珠4

琵琶湖真珠9

 どの真珠も新しいデザインに装着され、輝きを増しているように見えます。年配の方に人気のベーシックなアクセサリーから、若い人たちにも手に取ってもらいやすいカジュアルなデザインまで、幅広い世代に好まれています。

滋賀県産のお茶を楽しむ

 また、神保真珠商店では、2年前に建物の1階に移転してから地元大津の良さを知ってもらおうと、滋賀県産のお茶を楽しめるサロンスペースを設けました。今からおよそ1200年前、最澄が唐から持ち帰った茶の種を、比叡山の麓(現在の滋賀県大津市坂本)に蒔いたことが日本茶の始まりといわれ、日本茶発祥の地と言われています。大津で150年続く老舗中川誠盛堂茶舗から仕入れた様々な滋賀のお茶を楽しむことができます。

サロンスペース1

サロン写真.png

サロンスペース2 

私が訪れた日は、関東方面など県外からわざわざ来られているお客さんもたくさんおられました。

お茶も真珠も環境によって大きく影響を受けるものです。特産品を通じて多くの方々に滋賀県の素晴らしい景色、琵琶湖を取り巻く環境にも関心を持ってもらえたらいいなと思いました。

神保真珠商店 

http://jinbo-pearls.jp/

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/2431

●所在地   :520-0043 大津市中央3丁目4-28 1F

●アクセス  :JR琵琶湖線 「大津駅」 下車 徒歩 7分/京阪電鉄石山坂本線 「島の関駅」 下車 徒歩 5分

●お問い合わせ:神保真珠商店 ☎077-523-1254

滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

【日本橋髙島屋で開催!滋賀の素敵な物産大集合!大近江展】

 ご紹介した神保真珠商店をはじめ、おいしい食べ物や素敵な工芸品を集めた大近江展が2019年4月10日(水)~4月16日(火)東京の日本橋髙島屋催物会場で開催されます。

今年で31回目を迎える大近江展では、初登場のジェラートやこだわりヨーグルトなど盛りだくさんで皆さんをお待ちしています。素敵な賞品が当たる抽選会もご用意していますので、ぜひお越しください!!

大近江展.jpg

滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

毎年恒例の「雪見船クルーズ」が 2019年1月10日より始まりました!
大津から長浜まで琵琶湖を南北に縦走します。

大津港 10時
長浜港 12時40分
(多客時及び強風・悪天候等により運航スケジュール(ダイヤ)及び、出入港の変更または着船不可能な場合があります)

長浜観光
・長浜盆梅展
・老舗和菓子屋 『菓匠禄兵衛』

以上の工程を紹介します。

雪見船クルーズ

今年は運航初日から西側の比良山系や北東側の伊吹山など、雪化粧した山々を臨むことができました。

雪見船-出航.jpg

今回は、特に印象に残ったシーンを写真に収め、心に残ったことを言葉にしました。

比良山系.jpg

比叡山-01.jpg

船内は暖房が効いていますが、2階が特に効いていて暖かいです。

広い窓からゆっくり景色を見るのも良いですが、デッキに出れば更に迫力が味わえます。

琵琶湖大橋の下を通過します。
橋を下から眺められるのもクルージングの魅力の一つです。

琵琶湖大橋.jpg


【 特製弁当 】1,500

えび豆や、赤こんにゃく、うばが餅等、滋賀の恵みを取り入れたお弁当を予約できます。
品数も多く、女性に嬉しいメニューになっています。

特製弁当-02.jpg

 

沖の白石

角度を変えて撮影したくなる構図で、魅力的な風景でした。

沖の白岩.jpg

運航初日の試乗会だった為、長浜港では、長浜の観光マスコット〈ひでよしくん〉と観光協会の皆さまが雪見船をお出迎え!
〈ひでよしくん〉の ちょんまげ は馬印の瓢箪をあしらっていてます。
胸元では草履を温めています。

秀吉くん.jpg

雪見船クルーズ

実施期間2019110日(木)〜38日(金)

・1/10(木)〜31(木)は土・日・月・祝のみ運航
運休日でも20名様以上の団体予約にて臨時運航
・2/1(金)〜3/8(金)は毎日運航(2/24は運休)
※但し、土・日・月・祝日以外は予約が14名様以下の場合運休

料金/[片道]大人 3,000円 小学生 1,500円 [往復]大人 5,000円 小学生 2,500




 

[長浜港]から 盆梅展会場[慶雲館]まで 徒歩5分程

「長浜盆梅展」

長浜盆梅展(盆梅とは鉢植えの梅、つまり梅の盆栽のこと)は開花時期に応じ、約300鉢の中から約90鉢を純和風の座敷にずらりと展示されています。
中には、高さ3メートル近い巨木や樹齢400年と伝わる古木もあります。

昭和28年から今年で68回目となる長浜盆梅展は、規模・歴史ともに日本一と言われいてます。

慶雲館.jpg

会場となる慶雲館の名前は、初代内閣総理大臣の伊藤博文公の命名と伝わっています。

明治天皇昭憲皇太后の行幸啓のために建てられた長浜の迎賓館で、国の名勝に指定される広大な庭園も見どころです。

カーペット.jpg

盆梅にはそれぞれ名前が付けられています。

林光(りんこう)

盆梅展-黄金.jpg

座敷の一角には水盤が配置されており、水に映った逆さの梅が観賞できます。

リフレクション.jpg

毎年趣向を凝らした展示をされていますが、今年度は京都造形芸術大学の学生が展示の演出をプロデュースしています。
盆梅を複雑に配置し、ゆっくり時間をかけて鑑賞してもらえるようにしていたり、カラフルな布を張り写真映えするように工夫したりしています。

樹齢数百年という古木と、学生の若い感性がコラボし、普段と違った盆梅の様子を見ることができます。

ピンク梅.jpg

盆梅の鉢植えの販売コーナーもあります。

盆梅展.jpg

大切に育てた鉢植えの盆梅が、これから何年もかけて花を咲かせ、また慶運館で多くの人を魅了するのかもしれませんね。



長浜盆梅展
期間/平成31年1月10日〜3月10 [ 慶雲館:期間中 無休 ]
時間/9時〜17時(入館は16時半まで)
入館料/大人500円、小・中学生200円 団体料金:15名以上1割引

夜間延長ライトアップ

2月2日からは入館時間を延長し、幻想的な盆梅と庭園を楽しめます。
明治天皇の玉座の間がある本館2階には、この期間だけ入ることができ、2階からは国の名勝にも指定された庭園の絶景を眺めることができます。

期間2月2日(土)~3月3日(日)の土日祝
時間日没~2030まで(入館は2000まで)



盆梅展会場[慶雲館]から 徒歩10分程

老舗和菓子屋 『菓匠禄兵衛』

大正15年、日本3大地蔵のひとつ「木之本地蔵」に見守られ、北国街道の宿場町として栄えた木之本で創業されました。

DSC00370.jpg

和モダンの素敵な外観。

菓匠禄兵衛.jpg

お店の中に入ってみると、上品な雰囲気でゆっくり商品を見ていたい気分になりました。

名代草餅 人気NO.1

草餅.jpg

自社の畑ですくすくと育った薫り高いよもぎを使用。
ふっくらと炊き上げた北海道十勝産の小豆が、滋賀羽二重糯米を使用した柔らかい大福生地で包み込まれています。

草餅のあんが甘すぎず、餅とのベストマッチを狙った、これ以上ないというほど完成度の高い逸品です。

蓬餅.jpg

福いちご

福いちご-パッケージ.jpg

甘さ控えめの白あんで一口サイズのいちごが包み込まれています。
絶妙に調整された餅とあんの甘みといちごの酸味が、老舗の技術により、最上の逸品へと昇華されています。

福いちご.jpg

黒壁生サブレ

北国街道沿いに、古きよき町並みが残る長浜の観光地『黒壁スクエア』をモチーフにつくられた、しっとり食感の焼き菓子。
しっとりとした珈琲の生地の中には、なめらかなビターチョコが包まれており、ほろ苦さと珈琲の生地の濃い香りが絶妙に合います。
上質な大人のティータイムのお供にピッタリです。

生サブレ.jpg

福みたらし

見た瞬間、大切な人へのお土産にしたい!という気持ちが高まる可愛らしい見た目。
しっかりとした食感のお団子に甘辛いたれが良く合います。


福みたらし.jpg

幸運なことに近くの豊国神社で十日戎が開催されており(訪問日2019年1月10日)笛の音が心地よく店内に響き渡り、舌だけでなく耳からも愉しませてもらいました。

今回、午後からの長浜観光だったため早足で巡る事になりました。
紹介した場所以外に、長浜には見所がたくさんあるので、
次回はゆっくり暖かくなった頃に、桜の名所である「豊公園(ほうこうえん)」に来たいと思いました。

豊公園

江戸時代前期に廃城となった長浜城。
その城跡に明治42年に作られ、長浜城主だった豊太閤・豊臣秀吉にちなんで「豊公園」と名付けられました。

公園内にある 長浜城歴史博物館 の周囲には、約600本のソメイヨシノを中心とした桜が一斉に咲き誇ります。
また、日本さくら名所100選 に選ばれてます。

また、期間中開花にあわせ数日間夜間ライトアップされます。


長浜城.jpg

[ 2019年1月10月 撮影 ]

長浜城.jpg[長浜城 桜満開時・撮影 ]

000chikbsm180118-min.jpg

去年滋賀に引っ越してきてから、ずーっと気になっていたパワースポット竹生島。
「今度の初詣はぜったい竹生島!」と心に決めていましたが、このお正月念願かなって初「竹生島詣」と相成りました!!

001chikbsm180118-min.jpg

竹生島クルーズの西側の出発地・今津港まで、大津からは車で約1時間。クルーズのお客様専用駐車場に無料で停めることができます。
車じゃなくても、JR近江今津駅から港までは歩いて5分ほどなので大丈夫です!!
今津港から竹生島の往復は大人2590円、子供は1300円。島での滞在時間は75分間。

002chikbsm180118-min.jpg

クルーズのお供は琵琶湖汽船の「BENTEN」。結構ゆったりした感じの1Fキャビン。座席もな〜かなか快適♫♪
2家族、総勢8名の小さな団体で行った私たちですが、元旦を外して2日にしたせいもあってか、余裕で座ることができました。
船内で上映されるビデオにはなんと!「資料提供:びわこビジターズビューロー」のテロップが!いわゆる"中の人"のワタクシは、結構うれしかったりしましたっ ^^;

003chikbsm180118-min.jpg

今津港を発って約25分の旅。
いよいよ竹生島に上陸です!!

004chikbsm180118-min.jpg

竹生島詣の参拝料は、大人(中学生以上)400円、小人300円。
入場ゲートを入ると、いきなり心臓破りの階段が目の前に!!
この階段、165段!しかもムチャクチャ急傾斜!!大人でもかなりキツいー!!
そんな私たちを尻目に、連れてった5人の子どもたち(2歳から8歳)は、息も切らさず一気に登り切る!とか、も〜信じられなーい!!

005chikbsm180118-min.jpg

やっとの思いで登りきると、目に飛び込んできたのは宝厳寺。ここは日本の財弁天の頂点としても知られています。
国宝の唐門はじめ、観音堂や舟廊下は改修工事中で、見学できるところが限られていたのがチョッと残念・・・。またゆっくり観に来たいと思います。

006chikbsm180118-min.jpg

宝厳寺に隣接して在るのが都久夫須磨(つくぶすま)神社。この本殿も国宝建築です。

007chikbsm180118-min.jpg

私たちのお目当ては、そう!「かわらけ投げ」。
竹生島一番の絶景を望む竜神拝所から、眼下の鳥居に向けて願い事を書いた素焼きのかわらけを投げるんです。
見事鳥居をくぐれば、その願い事がかなうといわれています。

008chikbsm180118-min.jpg

かわらけの小さなお皿は二枚一組で300円。
子どもたちは投げるのが精一杯で、鳥居にすら届きませんでしたが、なんと!ワタクシが投じたかわらけは見事!!するりと鳥居をくぐり抜け、琵琶湖へ吸い込まれて行ったのです!!!

"Yeeeeeeeeーーーーs"!!!

009chikbsm180118-min.jpg

興奮してなぜか英語で叫ぶ私に、周囲にいた参拝客の皆さんからも「おめでとうございます!」と次々に声をかけていただき、チョッと こっぱずかしかったです ^^;


ワタクシのかわらけを吸い込んで行ったその先の空には、まるで竹生島に住まう龍神が私たちを祝福するかのように、雲の切れ間から光が差し込んでいました。まさに竜神拝所!これぞ絶景!!

010chikbsm180118-min.jpg100-改行用.jpg

かわらけやら絶景やら、生涯忘れることはない、とーってもステキな初詣となりました。
皆さんもぜひ行ってみてくださいね。
え?!ワタクシの願い事? それは、また今度 ^^;



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

00-minlkrnsasa171229.jpg

自然に溶け込むような、とってもメルヘンチックな世界観が話題のスポット「ラ コリーナ近江八幡」へ、しっぽりおデート❤︎に行ってきました〜
寒いこの季節ですが、マルシェや景色を楽しみながら、カップルにもぴったりのスイートスポットです♫♪
滋賀県では、県内の観光施設へ来られたお客さんの数を調査しているのですが、実はこの「ラ コリーナ」、2016年のナンバーワン!!って、ご存知でした?!

01-minlkrnsasa171229.png

たねやグループ|ラ コリーナ近江八幡

"ラ コリーナ"とはイタリア語で「丘」。
八幡山から連なるこの「丘」で、自然の流れに寄り添う"いのち"の在り方をテーマに、老舗和菓子舗のたねやグループが長年かけて展開する一大プロジェクトです。
先駆けて、和・洋菓子を扱うメインショップが2015年にオープン。以降、カステラショップ、そしてフードガレージ ギフトショップと、"ラ コリーナ"の理想郷が、どんどん形になっています!

02-minlkrnsasa171229.jpg

メインショップに続く小路をワクワクしながら歩いていくと、屋根一面が芝に覆われたとっても印象的な建物が目の前に。
この芝、今は渋い かやぶき色でしたが、夏には鮮やかなグリーンに染まります。
敷地内には草花もたくさんあって、春はムッチャ賑やかなんだろうな〜♪♫と、ワイワイおしゃべりしながら入って行きました。

03-minlkrnsasa171229.jpg

メインショップから回廊を進むと、今夏オープンした「フードガレージ ギフトショップ」です。
ここには「フードコート」、そしてリーフパイなどクラブハリエのお菓子が買える「ギフトショップ」が。
半円形の建物「ギフトショップ」には、なんと!あのロンドンバスやバイクが入り、装飾も楽しくて、まるで大きなガレージの中にいるようです♫♪

フードガレージ ギフトショップ

04-minlkrnsasa171229.jpg

ここへ足を踏み入れた時からそそられていた、とーってもい〜いにおいに誘われて、仲良くホットドックをふた〜つ注文!ラブラブ❤︎ランチタイム〜♫♪
自家製酵母や糀(こうじ)を使った、小麦の風味が生きたジュブリルタン特製のこだわりのパンです。
オーダーを受けてから焼き始めるので、辺りに広がる香ばしい香りに、自然と人が集まってきます。
食べるとパンの外はサックリ、中はふ〜んわりして小麦のい〜い香り❤︎
ソーセージのパリッとした食感にトッピングがアクセントになっています。
ミートソースは具沢山でボリューム満点!これはぜひ!召し上がってみてください。


05-minlkrnsasa171229.jpg

お次は、長~いガーリックトースト!
ガーリックが少し苦手な彼は、ひとくちしか食べないので、ここは仲良くシェア❤︎
ところで、このSOLD OUTのピザトースト・・・かなり気になるんですけどぉぉぉ ^^;


06-minlkrnsasa171229.jpg

ふたたびメインショップに戻って2階のカフェへ。
できたてふわふわのバームクーヘンを暖炉近くのカウンター席で。身も心も あったまったワ〜♪♫

メインショップ カフェ

07-minlkrnsasa171229.jpg

こちら、イチゴの入ったどら焼き❤︎。
作ってるところが目に入ってしまい、ついでにおなかに入ってしまいました ^^;

メインショップ たねや

どこ歩いても館内に立ち込めるイ〜ィ香り、そしてこの雰囲気に魅せられて、ヤバッ!ついつい食べすぎたねコレ ^^;

08-minlkrnsasa171229.JPG

さて、しっぽりデートのお相手。
どこか哀愁漂う大食漢の彼です❤︎

また行こうねッ❤︎


たねやグループ|ラ コリーナ近江八幡

近江八幡観光案内(近江八幡観光物産協会)



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

00msgn171228-min.jpg

いつも、なんとな〜く眺めている琵琶湖・・・。
まぶしい小春日和に誘われて、今日の気分はチョッとお出かけモード〜♫♪ ってことで、いつも湖岸から見送っている琵琶湖の外輪船「ミシガン」に乗ってきました!!

01msgn171228-min.jpg

この日は12月23日。ツリーやリースの飾り付けがあちこちにあって、船内はすっかりクリスマス❤︎❤︎

02msgn171228-min.JPG

さて、数ある中でチョイスしたコースは「MICHIGAN 80(ミシガンエイティー)」。
大津港からにおの浜港、柳ヶ崎湖畔公園港に立ち寄って、大津港に戻ってくる80分のクルーズコースです。
100-改行用.jpg

04msgn171228-min.jpg

大津港を発つと、におの浜に沿って一路南へ。よくウロウロしている なぎさ公園や我が職場なんぞを目で追いつつ、ミシガンはアッという間にプリンスホテルそばのにおの浜港へ。
ここから乗船されるお客さんもいらっしゃいました。

05msgn171228-min.jpg

豪華なランチバイキングをいただいたあとは、船内を探検。
お天気も良くって本当に気持ちイイ〜♫♪
船上から見る大津の景色は、普段の感じとぜんぜん違ってとーってもステキです❤︎❤︎

06msgn171228-min.jpg

デッキをウロウロした後は、3階まで上がって船長さんにご挨拶!
「こんにちは~」!!
気さくな船長さんが手を振ってくれました。この操舵室前のスペースはフォトスポットになっていて、いろんなシチュエーションで撮影が楽しめます。

07msgn171228-min.jpg

湖上の爽やかな風とステキな眺めに、そしてランチバイキングにと、大満足で大津港に帰ってきました。
港ではたくさんのユリカモメたちがお出迎え❤︎ チョッとわかりづらいですが、私たちのすぐそばまで飛んで来てくれるんですヨ。
こんな楽しみ方できるのは、やっぱり琵琶湖ならではですよネッ!
ミシガンクルーズは、この80分コースの他にさらにお手軽な60分コース、また、夜の大津のトワイライトを満喫できるナイトクルーズなどなど、ランチやディナーを添えていろんな楽しみ方ができます!

08msgn171228-min.jpg

大津へお立ち寄りの際はぜひ!琵琶湖クルーズでしか味わえない"❤︎チョ〜きもちイイ❤︎体験"してみてくださいね〜

ミシガンクルーズ



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

00isymdr1711-min.png

艶やかな紅葉が今まさに見頃の滋賀・びわ湖。県を代表する古刹、石山寺で始まっているライトアップ「あたら夜もみじ」に行ってきました!

02isymdr1711-min.jpg

石山寺の紅葉ライトアップは、日本を代表する美しい夜景として、一昨年「日本夜景遺産」に登録されたんですヨ❤︎ ご存知でした!?

01isymdr1711-min.jpg

京阪電車石山坂本線「石山寺」を下車。瀬田川にそって歩くこと15分ほどで見えてきました!鮮やかな彩りの眺めが❤︎
国道からは、夜空に浮かび上がった東大門がまず目に飛び込んできました!

03isymdr1711-min.png

今年から始まった鮮やかなLEDイルミネーションに照らし出された仁王様がお出迎え!
(イルミネーションの画像:石山寺サイトより)



04isymdr1711-min.png


やっぱり迫力ありますね!



05isymdr1711-min.jpg


広い境内では2,000本を超える紅葉が、本堂、多宝塔などの建造物とともに鮮やかに照らし出され、いにしえの歴史に思いをはせる幽玄の世界が広がっています。
あたら夜もみじは、12月3日(日)まで。暖かくしてお出かけください!


大本山 石山寺 もみじライトアップ『あたら夜もみじ』

滋賀・びわ湖 リアルタイムな色づきぐあいをお知らせ! 紅葉カレンダー2017



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

11saikyouj000.jpg

陽が落ちるとめっきり冷え込む今日この頃。
滋賀・びわ湖もすっかり山々が色づいてきました。
県内数々の古刹では、これから順々にライトアップが始まって紅葉シーズンも本番突入!!


毎年この季節はワクワクしますネ ♪♫

11saikyouji00.jpg

まずは先週11日から始まった西教寺で、ライトアップされた紅葉を愛でてまいりました!
薄暗い境内への参道を、ほんのり灯った大津絵の行灯がやさしく案内してくれます。

11saikyouj01.jpg

始まったばかりの紅葉、その緑と赤のコントラストにうっとり♥♥♥

11saikyouj02.jpg

ひんやりした空気のもと、静かなたたずまいの本堂をお参りすると、なんだかとっても清々しい気持ちになりました。

11saikyouj03.jpg

往きは気付かなかったのですが、帰り道には琵琶湖と対岸の夜景がきれいに見えていました。
カメラに収めたり携帯電話で中継している観光客の方もいらっしゃいました♪♫

続々と始まる滋賀・びわ湖の紅葉ライトアップ。お出かけは暖かくしてどうぞ♫♪

見どころご指南!【紅葉情報】西教寺

滋賀・びわ湖 リアルタイムな色づきぐあいをお知らせ! 紅葉カレンダー2017


★西教寺で行われるぐるっと博イベントも盛りだくさん!!★

《募集中》西教寺 梵字のお話とブレスレット作り&秋限定「菊御膳」ご賞味

《11月17日~26日》西教寺 釈迦涅槃図特別公開



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

ppmidr00.jpg

千三百余年の古刹、数々の文化遺産を抱えるご存知総本山三井寺(園城寺)で、なんと!一日限定一組という何とも贅沢なプランが公開されています!!名付けて「夜間特別拝観プレミアムプラン」!その事前公開のようすをレポートします!

桜や紅葉の見頃には、広大な境内いっぱいにライトアップが行われる三井寺ですが、このプランはその前後(桜の後、紅葉の前)の期間にまた特別にライトアップされた境内を独り占め!で、さらに三井寺が誇る国宝が体感できる!!という超スペシャル版です!

ppmidr011.jpg

国宝が体感できる!!まず「その一」は〈国宝光浄院客殿 特別拝観〉♫♩いざっ!!

光浄院客殿.jpg  国宝 光浄院客殿

ppmidr02.jpg

日の暮れとともに仁王門から境内へ。参道を導いてくれる足元の灯りが、なんとも幽玄な世界を演出しています。

ppmidr0031.jpg

国宝・金堂の脇を通り抜け、普段は非公開の光浄院客殿へ。

ppmidr032.png

見取り図.png

福家執事長の案内で、書院造建物の特徴や狩野山楽による障壁画を見学。桃山時代の書院の代表的建築として極めて貴重なこの建物には、広縁に張り出す付書院、押板の床、床刺しの棹縁天井など、何が"国宝"とさせたか、わかりやすく解説していただけて見どころ満載です。

ppmidr04.jpg

広縁から中門廊越しに広がる庭園にも、幽玄の世界が広がっていました。(たくさん撮ったんですが、ブレが多くて・・・夜間の撮影はやっぱ難しいっす)

ppmidr012.jpg

国宝が体感できる!!続いて「その二」は〈国宝金堂 座禅体験〉♫♩いざっ!!

金堂.jpg  国宝 金堂

ppmidr05.jpg

秀吉の正室、北政所によって再建されたこの金堂は、円空仏や尊星王像はじめ、多くの仏さまが安置されているとても由緒ある仏堂。国宝のこの場で、心を無にして座禅に臨む・・・まさにプレミアム!!

ppmidr06.png

座禅の心構えから身構えを手ほどき。実際に構えてみると、緊張感が高まってくるのを感じます。

ppmidr07.jpg

灯りが落とされて、いよいよ始まり!

静まり返った堂内、お隣さんの息づかいさえ聞こえてきません。遠くで境内の砂利を踏む音が、心地よくかすかに刻まれています。
徐々に冷え込む堂内。なんとか伸ばしている背腰にじわじわきます。
「はい」お坊さんの静かな声が響き、灯りがともされます。お試しタイム、ということで、随分長く感じたこの時間が、なんと!5分!!これにはさすがにびっくり!!
心を無にする、同じ時間でも過ごし方でこうも変わるものなんですね。

ppmnidr08.jpg

再び灯りが落とされ15分の暗黙の世界へ。今度は"座禅"といえば思い浮かぶ、あの「警策」が回ってきます。

「パン!パン!パン!」。冷たく静まり返った堂内に、乾いたリズムが響きます。
この警策、私ももれなくいただきましたが、とても心地いい刺激が身体をシャンとさせます。
座禅は初めての体験でしたが、非日常のこの体験に大変満足。これはクセになるかな〜 笑

ppmidr09.png

「夜間特別拝観プレミアムプラン」は、日どりや人数など事前にお問い合わせください。(今秋は、11月17日(金)より11月26日(日)まで、紅葉ライトアップ期間となります)


天台寺門宗総本山園城寺 三井寺

三井寺 秋のライトアップ2017

★三井寺で行われるぐるっと博イベントも盛りだくさん!!★

三井寺 唐院諸堂および三重塔初層内部特別公開

三井寺唐院諸堂・三重塔初層特別公開と精進料理

近江大津京ゆかりの古刹~不死鳥の寺・三井寺の歴史と国宝建築の美~



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

8月11日「山の日」、奥比叡ドライブウェイの峰道レストランで、「比良比叡トレイル協議会設立記念 びわ湖の山の日を祝う式典」が開催されました。

00yamanohi-min.jpg

「比良比叡トレイル」とは・・・

01yamanohi-min.jpg

比叡山のふもと大津市坂本から比叡山を経て、途中峠、比良山地へ。そこからさらに蓬莱山、武奈ヶ岳を経て朽木に至る約50kmのルートを整備する計画です。
1300年に及ぶ比叡山の祈りの道、そして琵琶湖を眺めおろす絶景の道として、新たな自然体験・観光ルートとなることが期待されています。
思えば昨年の山の日、びわ湖テラスでこの構想が発表されてちょうど1年、ここに「比叡比良トレイル協議会」が設立され、いよいよ具体的にルートの調査・整備が始まります♫

02yamanohi-min.jpg

協議会の会長を務める稲地会長(びわ湖大津観光協会会長)、大津市越市長の挨拶のほか、滋賀県の三日月知事のメッセージ披露に続いて、比叡山延暦寺の山田能裕大僧正が「山の恵みに感謝し山の安全を祈る」と題して力強く宣言されました。

03yamanohi-min.jpg

地元の子どもたちによる仰木太鼓、そして滋賀県在住シンガーソングライター関島秀樹さんの「山に向かいて」が演奏され、にぎやかに華が添えられました。

04yamanohi-min.jpg

式典の最後に ♫琵琶湖周航の歌♫ 。今年誕生100年を迎えるこの歌を、参加者皆さんと大合唱!!比叡の山嶺にじんわ〜り沁み渡っていくようでした。
滋賀の大自然を満喫できるこの絶景トレイルルート。新しい観光アトラクションとして乞うご期待です!!

協議会では、協議会員、賛助会員を募集中です。ご連絡は、事務局(小川さん:090-7095-9360)まで。

比良比叡トレイル - 滋賀県山岳連盟 公式サイト

[京都新聞]比良比叡トレイル、ルート1本化へ 滋賀、山岳関係者ら協議会

[中日新聞]「比良比叡トレイル」整備を 関係者が協議会設立



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ


0-min.jpg

琵琶湖汽船でいくクルーズプラン「ぐるっとびわ湖島めぐり」で、まるまる一日琵琶湖を堪能してきました!!

juhygkojho.jpg

大津港から琵琶湖をぐるっと回る〈往復コース〉を選びましたが、長浜港や今津港を起着点にした片道コースも用意されています。
旅のお供は「リオグランデ号」。快晴のもと、大津港を9:30、定刻通りに出航です。パーティー船ビアンカや外輪船ミシガンもお見送り〜♫

johnphbyup.jpg

案内役は、高島市在住のイラストレーター今森洋輔さん。琵琶湖の動植物を題材にした細密画の書籍を何種類も出されています。その繊細な作風とは打って変わって、巧妙なおしゃべりがとっても楽しい名ガイドさんでした♬

03-min.jpg

近江八景の一つ唐崎神社を横目に、まずはおごと温泉港に立ち寄り。20数名のお客さんが合流され、少し空きがあった船内もほぼ定員に。壮熟年のご夫婦やお仲間連れが多いようです。

04-min.jpg

ご存知!琵琶湖に突き出した浮御堂(満月寺)、堅田漁港、杢兵衛造船所と、聞き慣れた名前が続けて紹介されます。

vv-min.jpg

ふと気がつけば琵琶湖大橋。いよいよ北湖へ突入!さぁ〜!琵琶湖の船旅が始まるヨー!!

05-min.jpg

和邇川河口を超えると一気に琵琶湖の幅が広がります。しばらく進むと、蓬莱山と打見山にまたがって広がるびわ湖バレイです。絶景レイクビューで今年大ブレイク中のびわ湖テラスは、右側打見山の頂上に見えるあの建物ですね、きっと!

06-min.jpg

最初の上陸島、沖島が見えてきたというので、慌てて2階デッキへ飛び出しました。まだまだ冷たいんですが、とっても爽やかな風です。

07-min.jpg

10時45分、沖島到着。6月から10月にかけてビワマス漁が始まると、ここ漁業会館でビワマス丼が楽しめるとのこと!うーん残念!チョッと早かったか・・・!沖島には民宿が2件あるとのこと。着いた早々なんなんですが、ぜひまたじっくり来るとしよう  ^^;

08-min.jpg

最近TVなどでよくとりあげられるようになった沖島ののどかな家並みや路地裏。興味そそられる好きな雰囲気ですが、すべて生活圏なのでチョッと遠慮がちに、でもしっかり覗かせていただきました。
自動車のないこの島ではこの三輪自転車が大活躍。そこかしこに駐まっています。この島のアノ人気者たちも。

090-min.jpg

買い物はここ漁業会館。船が着くたびに大にぎわい。
エビ豆、小鮎、うろり・・・。ガイドの今森さん曰く、よそで売っているエビ豆は「豆・豆・豆・豆・エビ!!」、But!ここのエビ豆は「エビ!エビ!エビ!エビ!豆・・・」つまりエビがた〜くさん!!ってゆうので、買ってみたらホントにエビいっぱいでした!!

100-min.JPG

11時25分、まだまだ名残惜しい沖島を後にします。夏またビワマス丼食べに、きっと来るからねー!!

11-min.jpg

沖島を後にして、リオグランデ号は一路北へ。ほどなくすると滋賀の食材を使った"湖国の恵み"弁当が配られてきました。お品書きの赤字で書かれたものがどうやら滋賀県産ですね!船内には売店もあって、ビールはもちろん地元のお酒も売ってます❤︎

13-min.jpg

沖の白石。さすがにここへは上陸できませんが、この周りをゆっくり2周してくれました!子どもたちを乗せた学習船「海の子」も名残惜しそうに周回していました。
沖の白石越しに多景島、伊吹山、そして海の子♫ この辺りはお天気が良ければこんな絶景が楽しめます!

14-min.jpg

船内では、守山琵琶湖よし笛アンサンブルの皆さんによる演奏が始まりました。
おなかも膨れていい具合にま〜ったりした皆さん、よし笛の優しい音色がちょうどいい子守唄となっておりました〜♫〜♪〜♬ 


さて「ぐるっとびわ湖島めぐり ★ 琵琶湖の島々ぐるっと制覇!!」。後編は滋賀屈指のパワースポット、竹生島へ上陸します。お楽しみに!!

DSC07896.jpg

ぐるっとびわ湖島めぐり・大津港(琵琶湖汽船)

びわ湖日本遺産クルーズ  ~沖島でビワマスを食べてみませんか?~ 〈予約制〉

びわ湖日本遺産クルーズ ~白洲正子が愛したびわ湖~〈予約制〉

近江の食を堪能する びわ湖日本遺産クルーズ〈予約制〉


滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

ksdo1.png
雪見船と並ぶ冬の琵琶湖の風物詩「汽船deおでん」が今年も出航!!♫♩・・・と、いうことでさっそく乗り込んできました!

ksdo2.png

今年のおでんは、な、な、なんと!"創作フレンチ"・・・フレンチのおでん?! 聞いたことのない響きに、チョッと戸惑いながら突撃してきました ^^;

ksdo3.png

今夜乗船するのは小柄でスマートな高速艇、ランシング号!
大津港を18:30に出航。びわこ花噴水に見送られて、会場のびわ湖大津館まで約15分のミニクルーズです♫

ksdo4.png

白を基調にしたオシャレな船内♥ 船内ではさっそくホットワインのおもてなし♫ これがチョーやばーッ!!!ふだんあんまりワインはいただきませんが、このあったかいヤツ♥ホントに美味しくて思わずおかわり〜 ^^;

ksdo5.png

ほんのり頬染めて、船窓から花噴水にカンパ〜イとか、オッシャレー♫(これ合成じゃないですヨ〜)

ksdo6.png

大津の夜景にうっとり見とれていたらアッという間に到着!びわ湖大津館が目の前の柳が崎湖畔公園港。おでんのぼりのお出迎えです。どんな創作フレンチなのか!・・・楽しみだなぁ・・(じゅるり

ksdo7.png

ライトアップされたびわ湖大津館のなんとも落ち着いた雰囲気が、湖岸の夜景に一味違った彩りを添えています。おでん会場は、ひときわ明るく照らし出された1F、ベルギーの港町をイメージしたフレンチレストラン「ベル ヴァン ブルージュ」。普段は、びわ湖が一望できる明るい店内から創作フレンチが楽しめる人気のお店です。

ksdo8.png

さぁて、お待ちかね!こちらが"創作フレンチおでん"!!見慣れたおでん鍋の傍らには、何やらオッシャレ〜な真っ白なプレートがぁ♥♥♥

ksdo9.png

それではラインナップをご紹介〜♫
↖︎ アツアツおでん鍋
↗︎ 仔牛スネ肉の煮込み 西京みそ風味(お肉柔らか~い♥)
↙︎ トリュフ風味の洋風茶碗蒸し なめ茸あん(ほんのり甘くてプリンみたい♥)
↘︎ コンソメで煮込んだ大根 フォアグラテリーヌとキノコのクリーム(大根の上に、な、なんとフォアグラがぁぁぁ!!濃厚キノコクリームと相性バッチリ♥)

で、焼きおにぎりはと・・・、

ksdo10.png

なんと!!おでん鍋を食べた後のおだしに、たっぷりの粉チーズを入れてリゾット風にしちゃいまーす!!和風だしがほんのり香るリゾット、これ!マジでうんまうまっ♥

ksdo11.png

実は昨年までの「汽船deおでん」は、"ザ・屋台"的な純和風スタイルで行われていたんです。が、会場がフレンチ!というシュチエーションもあって、今年は"フレンチおでん"にチャレンジされたとのこと、スタッフが皆さんから感想を聞かれていました。
日本式の和風おでんはもちろん大好き!ですが、びわ湖大津館ならではの創作おでん、ホントに美味しくて大正解!!だと思います♥ 見事な創作おでんに大満足!ぜひぜひ!!たくさんの皆さんに味わっていただきたいです!!

ksdo12.png

新しい発見!のフレンチおでんと、楽しいおシャベリをたっぷり楽しんで1時間あまり、帰りもランシング号が大津港まで送り届けてくれます。真冬の琵琶湖の澄んだ夜空に、このうえない大津港の夜景がゴージャスに出迎えてくれました。
なんとも贅沢でロマンチック、そしてとっても美味しいこの時間。この冬琵琶湖の「汽船deおでん」で、大切な方とゆっくりお楽しみください♥

「汽船deおでん」は3月12日(日)までの木・金・土・日に開催です! ※2/23(木)は運休

[要予約]汽船deおでん〜創作フレンチ

大津港(観光船のりば)

びわ湖大津館(柳が崎湖畔公園)

光の庭のRose Fantasy



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

琵琶湖自慢のパーティクルーズ船「ビアンカ」の人気プログラム、オールディズナイト!!に行ってきました〜

mrb0.png

mrb1.png

いい具合にたそがれてきた大津港を18時40分しゅっぱーつ!!オールディズ、ってことで参加の皆さんも少し年齢層高めです。

mrb2.png

こーんな豪華なディナーが食べ放題!!もちろんドリンクも飲み放題!!中でも特筆すべきは、一昨年から昨年にかけてアメリカで火がついた"フレーバード・ウイスキー"。

mrb3.png

ハチミツ風味の「ジャックダニエル テネシーハニー」と、なんと!青リンゴ味の「アーリータイムズ ブラインドアーチャー」!ソーダorジンジャーと合わせるのがおススメ。どちらも本物のウイスキーエキスパートがブレンド!!これだけでもう、超ご機嫌です♫

mrb4.png

出航からしばらくすると、琵琶湖岸はもうすっかり宵の色。たそがれの浜大津って、ホントにロマンチックですよね〜♥︎

mrb5.png

さて!いよいよ2Fフロアではパーリーナイトのはじまりはじまりー!ロカビリーバンド「アフタービート」カッコよす〜♥︎

mrb6.png

皆さんノリノリダンシング♫でとーってもハッピー!アフタービートの2ステージはそれぞれ30分ぐらいづつ。ツイストありルンバありチークあり、皆さん古き良き時代にタイムスリップして?!かくゆう私もずーっと揺られてました〜

mrb7.png

ステージの合間には、ウイスキーエキスパートでテキーラマエストロの錦織さんから「アメリカンウイスキーの美味しい飲み方講座」も。150年もの間、その時代の音楽とともに育まれてきたジャックダニエル。スゴい歴史ですね。ジャックダニエル選りすぐりラインナップのテイスティングタイム。なかでも、ジャックダニエルをこよなく愛したフランクシナトラの生誕100年を記念して限定製造された最高級品「シナトラセレクト」のテイスティングには、皆さん並ぶ並ぶ (^^;

ノリノリでアッという間の3時間、ご機嫌でチョッと火照った皆んなを大津港が静かに優しく迎えてくれていました。ビアンカとオールディズ、そしてマザレ琵琶湖!特別な夜をありがとう♥︎(藤)

mrb8.png

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ