五個荘金堂の町並み

ごかしょうこんどうのまちなみ

五個荘金堂地区は近江商人ゆかりの地として知られており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
町並みを歩くと舟板塀や白壁をめぐらした蔵屋敷があり、清らかな水が流れ錦鯉が優雅に泳ぐ掘割が縦横に走っています。
金堂地区では近江商人屋敷2邸(外村繁邸・中江準五郎邸)と金堂まちなみ保存交流館が公開されており、近江商人の本宅の佇まいを知ることができます。
平成27年には日本遺産「琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産」に認定されました。

所在地
東近江市五個荘金堂町
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「能登川」 下車 バス 10分 「ぷらざ三方よし」下車徒歩5分
近江鉄道/本線 「五箇荘」 下車 徒歩 30分
駐車場
普通車 100 台
大型車 20 台
料金
2館(外村繁邸・中江準五郎邸)
大人400円、こども200円
※20人以上の団体割引料金:大人350円、こども150円
※障害者手帳をお持ちのお客様:本人及びその介護者1人に限り入館料を免除
営業時間
近江商人屋敷2館とも、10:00から16:30まで
定休日など
近江商人屋敷2館とも、月曜・祝日の翌日・年末年始
お問い合わせ

(一社)東近江市観光協会

TEL
0748-29-3920
FAX
0748-29-3922
E-mail
メールアドレスを表示