法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 彦根城博物館

彦根城博物館 ひこねじょうはくぶつかん

最終更新日: 2018年9月20日

基本情報

 表門の橋を渡ったところにある彦根城博物館は、市制50周年に当たる昭和62年(1987)に、記念事業の一環として、発掘調査や古絵図をもとに復元されたもので彦根城の表御殿跡にあります。
 「奥向(おくむ)き」と呼ばれる主に藩主の私邸にあたる場所で、大名の生活が昔を偲ぶそのままの姿で復元されています。また、「表向き」と呼ばれる政務が行われていた場所には、彦根藩ゆかりの品々が展示されています。関ケ原の戦いで井伊の赤備えと呼ばれ、恐れられた赤い甲冑(かっちゅう)などの武具や書画はもちろん、我宿蒔絵硯箱(わがやどまきえすずりばこ)や二彩刃貼花花唐草文壺(にさいとうはりばなはなからくさもんつぼ)などの美術工芸品や千代姫ゆかりの華麗な雛(ひな)道具は見ごたえがあります。また、廃藩置県による取り壊しを免れた能舞台があり、能衣装なども保管展示されています。

所在地 彦根市金亀町1-1
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「彦根駅」 下車 徒歩 15分
その他
近隣の市営駐車場等をご利用下さい。
(普通車駐車料400円、大型車駐車料1500円)
料金 大人500円 小人250円(※展示内容によって料金は変更になることがあります。)
(団体割引 30名以上 大人450円 小人170円)
営業時間 8:30から17:00 (入館16:30まで)
定休日など 12月25日~31日
※その他、当館の都合により,展示室の一部を休室または臨時休館することがあります。
ホームページ 彦根城博物館
お問い合わせ

彦根城博物館

TEL:0749-22-6100

FAX:0749-22-6520

観光・レジャー

 表門の橋を渡ったところにある彦根城博物館は、市制50周年に当たる昭和62年(1987)に、記念事業の一環として、発掘調査や古絵図をもとに復元されたもので彦根城の表御殿跡にあります。
 「奥向(おくむ)き」と呼ばれる主に藩主の私邸にあたる場所で、大名の生活が昔を偲ぶそのままの姿で復元されています。また、「表向き」と呼ばれる政務が行われていた場所には、彦根藩ゆかりの品々が展示されています。関ケ原の戦いで井伊の赤備えと呼ばれ、恐れられた赤い甲冑(かっちゅう)などの武具や書画はもちろん、我宿蒔絵硯箱(わがやどまきえすずりばこ)や二彩刃貼花花唐草文壺(にさいとうはりばなはなからくさもんつぼ)などの美術工芸品や千代姫ゆかりの華麗な雛(ひな)道具は見ごたえがあります。また、廃藩置県による取り壊しを免れた能舞台があり、能衣装なども保管展示されています。

お問い合わせ

彦根城博物館

TEL:0749-22-6100

FAX:0749-22-6520