法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 冷水寺・胎内仏資料館

冷水寺・胎内仏資料館 れいすいじ・たいないぶつしりょうかん

最終更新日: 2015年7月15日

基本情報

正面厨子の十一面観音像は、その台座内に戦火に焼かれた胎内仏を持つ「鞘仏」です。賎ヶ岳の合戦の際、柴田勝家軍の焼き討ちにより焼け傷み、江戸時代・元禄年間、このさや仏と台座をつくり、黒こげになった痛ましいお姿の旧本尊をおさめました。出開帳仏であったという脇仏十一面座像は、現在、高月歴史民族資料館に展示されています。
近年、信仰の歴史を伝え、まちづくりにと住民の手により「世界一小さい資料館・胎内仏資料館」がつくられています。

所在地 長浜市高月町宇根
アクセス
公共交通機関
JR北陸本線 「高月駅」 下車 車 5分
木之本インターから10分
駐車場
普通車 2 台
料金 冷水寺・・拝観料 志 朱印 300円
胎内仏資料館・・無料
営業時間 冷水寺・・9:00~16:00(要予約)
定休日など 胎内仏資料館・・無休

観光・レジャー

正面厨子の十一面観音像は、その台座内に戦火に焼かれた胎内仏を持つ「鞘仏」です。賎ヶ岳の合戦の際、柴田勝家軍の焼き討ちにより焼け傷み、江戸時代・元禄年間、このさや仏と台座をつくり、黒こげになった痛ましいお姿の旧本尊をおさめました。出開帳仏であったという脇仏十一面座像は、現在、高月歴史民族資料館に展示されています。
近年、信仰の歴史を伝え、まちづくりにと住民の手により「世界一小さい資料館・胎内仏資料館」がつくられています。