法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 玉泉寺(高島市)

玉泉寺(高島市) ぎょくせんじ

最終更新日: 2020年5月9日

基本情報

奈良時代に行基によって開山されたと伝えられる玉泉寺(ぎょくせんじ)は、阿弥陀山の山麓の泰山寺野の裾野に位置し、町内でも古い寺院の一つです。天台真盛宗の末寺です。境内にはたくさんの石仏があり、中でも本堂の前方に南向きに並んでいる五智如来は、鎌倉時代の作といわれており、花崗岩に丸堀りで彫られ、いずれも高さ1.4mから1.6mの仏像です。左から阿弥陀如来、薬師如来、大日如来、弥勒菩薩、釈迦如来の順に並んでおり、それぞれ趣があります。本堂前の石造層塔は鎌倉時代の優品です。
また、西近江七福神の布袋尊が祀られています。

所在地 高島市安曇川町田中3459
アクセス
公共交通機関
JR湖西線 「安曇川駅」 下車 車 5分
駐車場
普通車 20 台
ホームページ https://takashima-kanko.jp/spot/2018/06/post_88.html
お問い合わせ

玉泉寺

TEL:0740-32-0791

観光・レジャー

奈良時代に行基によって開山されたと伝えられる玉泉寺(ぎょくせんじ)は、阿弥陀山の山麓の泰山寺野の裾野に位置し、町内でも古い寺院の一つです。天台真盛宗の末寺です。境内にはたくさんの石仏があり、中でも本堂の前方に南向きに並んでいる五智如来は、鎌倉時代の作といわれており、花崗岩に丸堀りで彫られ、いずれも高さ1.4mから1.6mの仏像です。左から阿弥陀如来、薬師如来、大日如来、弥勒菩薩、釈迦如来の順に並んでおり、それぞれ趣があります。本堂前の石造層塔は鎌倉時代の優品です。
また、西近江七福神の布袋尊が祀られています。

お問い合わせ

玉泉寺

TEL:0740-32-0791