法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 伊吹山麓のそば畑

伊吹山麓のそば畑 いぶきさんろくのそばばたけ

最終更新日: 2015年7月8日

基本情報

 通説ではそばは八世紀頃、大陸から朝鮮半島を経由して伝わり、その最初の栽培地が東近江の伊吹山で、ここから岐阜や信州、山梨などに伝えられていったという。
 なぜ伊吹だったのか。それは伊吹山が弥高寺・長尾寺・太平寺・観音寺の四護国寺を擁する山岳密教の霊場であり、全国の僧や山伏の集う地だったからである。山岳密教では、山門への五穀持ち込みが禁じられており、山伏たちはそば栽培で生命をつないだと言われている。
 平成8年、試験的にそばの種をまき、以後、毎年増やして、今では真っ青な秋空と緑深い伊吹山に映えるそばの白い花が季節の風物詩になっています。

 また、地元の伊吹のそばは、そば処「伊吹野」(滋賀県米原市伊吹516番地)でお召し上がりいただけます。

所在地 米原市伊吹
アクセス
公共交通機関
JR東海道本線 「近江長岡駅」 下車 車 10分
お問い合わせ

米原観光協会

TEL:0749-58-2227

FAX:0749-58-1197

観光・レジャー

 通説ではそばは八世紀頃、大陸から朝鮮半島を経由して伝わり、その最初の栽培地が東近江の伊吹山で、ここから岐阜や信州、山梨などに伝えられていったという。
 なぜ伊吹だったのか。それは伊吹山が弥高寺・長尾寺・太平寺・観音寺の四護国寺を擁する山岳密教の霊場であり、全国の僧や山伏の集う地だったからである。山岳密教では、山門への五穀持ち込みが禁じられており、山伏たちはそば栽培で生命をつないだと言われている。
 平成8年、試験的にそばの種をまき、以後、毎年増やして、今では真っ青な秋空と緑深い伊吹山に映えるそばの白い花が季節の風物詩になっています。

 また、地元の伊吹のそばは、そば処「伊吹野」(滋賀県米原市伊吹516番地)でお召し上がりいただけます。

お問い合わせ

米原観光協会

TEL:0749-58-2227

FAX:0749-58-1197

  • そばの花
    9月中旬頃  〜  10月上旬頃

     日本のそばの発祥地伊吹の伊吹山麓にそば畑が点在しています。真っ青な秋空と緑深い伊吹山に白い花が映えます。

お問い合わせ

米原観光協会

TEL:0749-58-2227

FAX:0749-58-1197