目賀田城跡

めかたじょうせき

更新日
2020/02/05

    目賀田氏は、戦国期に近江国守護の佐々木六角氏の重臣として活躍します。
     天正四年(1578)、織田信長が近江に侵攻して安土城を築くにあたり、安土山(目加田山)に在った屋敷を目加田貞政の所領である光明寺野(目加田)に移しました。
     天正十年(1582)の本能寺の変勃発後、城主堅政は明智光秀に加担したため秀吉に所領を没収され、一族は離散。慶長二年(1597)廃城になりました。
     目賀田城跡公園には城館の周濠跡や、比高三メートルの土塁が部分的に残され、公園入口付近には舟入と見られる内湾部(内堀)が確認できます。

    所在地
    愛荘町目加田
    アクセス
    公共交通機関
    JR琵琶湖線 「稲枝駅」 下車 車 15分
    駐車場
    普通車 20 台
    予約の要否
    不要
    お問い合わせ

    愛荘町商工観光課

    TEL
    0749-37-8057
    FAX
    0749-37-4444
    E-mail
    メールアドレスを表示
    エリア
    カテゴリ