ヒガンバナ群生地(桂浜)

ひがんばなぐんせいち(かつらはま)

更新日
2021/09/17

    秋の彼岸頃に咲くのでその名がついたというヒガンバナ(別名:マンジュシャゲ)は、高島市内でも湖岸や田んぼのあぜ道など、いたるところで見られます。中でも、広範囲にわたって群生しているのが今津町の桂浜園地です。群生する様子は、まるで真っ赤なじゅうたんを敷いたよう。桂浜には、春はハマダイコン、秋はヒガンバナが琵琶湖を背景に見事に群生することから、カメラを手に訪れる人たちが増えています。

    例年9月の彼岸頃に見頃をむかえる桂浜のヒガンバナ群生ですが、
    今年は滋賀県への緊急事態宣言の発出を受け、琵琶湖岸駐車場等が閉鎖されています。
    よって、桂浜園地周辺駐車場も全て閉鎖されていますので予めご承知おきください。
    【駐車場閉鎖期間】令和3年8月7日(土)~9月30日(木)

    桂浜のヒガンバナ群生地
    ▶https://takashima-kanko.jp/spot/2018/06/post_163.html

    所在地
    高島市今津町桂(桂浜園地)
    アクセス
    公共交通機関
    JR湖西線 「近江今津駅」 下車 徒歩 40分
    近江今津駅からタクシーで約10分
    駐車場
    普通車 15 台
    ウェブサイト
    お問い合わせ

    (公社)びわ湖高島観光協会

    TEL
    0740-33-7101
    FAX
    0740-33-7105
    E-mail
    メールアドレスを表示