針江生水の郷 かばた

はりえしょうずのさと かばた

更新日
2021/10/06

    新旭町針江(はりえ)地区は、里山の写真家・今森光彦さんが撮り2004年1月にNHKハイビジョンスペシャルで放映された映像詩『里山・命めぐる水辺』の舞台となった場所です。
    地域の綺麗な湧き水を、地域住民は生水(しょうず)と呼び、昔から大切に利用してきました。集落の中を巡る水路やその水を生活用水に利用したシステムを"かばた"(川端)と呼んでいます。このような水の文化、美しい景色、地域の人との触れあいなどを求めて今では日本中、海外よりたくさんの人が見学に見えるようになりました。
    針江生水の郷委員会では、びわ湖周辺の豊かな自然や水辺の暮らし、または地域の人々に触れながら、現代の暮らしを見つめ直すきっかけを感じていただけるようにと、かばた見学ツアーを行っています。

    ※針江案内業務の再開のお知らせ(2021.10.4更新)
    詳しくは針江生水の郷委員会の公式ホームページをご確認ください。
    ▶http://harie-syozu.jp/

    所在地
    高島市新旭町針江
    アクセス
    公共交通機関
    JR湖西線 「新旭」 下車 徒歩 15分
    予約の要否
    ウェブサイト
    お問い合わせ

    針江生水の郷委員会

    TEL
    0740-25-6566
    FAX
    0740-25-6566