岩屋古墳 岩屋不動

いわやこふん いわやふどう

更新日
2015/07/06

    岩屋古墳は、墳丘の全長が約36mの横穴式石室を埋葬主体とする前方後円墳です。
    石室は、江戸時代に奥壁の一枚岩に不動明王を刻み、「岩屋不動」として信仰されています。石室の現状の大きさは、玄室の長さ5.4m、幅は奥壁部1.95m、玄門部で2.5m、高さは2.4m。
    古墳自体の調査が行われてないため、明確な築造年代はわかりませんが、横穴式石室の構造から6世紀中葉と考えられます。

    お問い合わせ

    竜王町観光協会

    TEL
    0748-58-3715
    FAX
    0748-58-3730
    E-mail
    メールアドレスを表示