法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 大沙川隧道

大沙川隧道 おおすながわずいどう

最終更新日: 2015年7月2日

基本情報

大沙川は湖南市吉永に発し野洲川に合流する河川で、ふだんは水がほとんど流れていません。
東海道の上を流れる天井川です。
奈良時代に奈良の仏教寺院や石山寺の造営において、このあたりの山の木々はほとんど切り倒され、はげ山となりました。
大雨のごとに土砂が流れ出して、河床が上がり天井川になったと伝えられています。
この隧道は明治17年3月に県下最初の道路トンネルとして築造されました。長さ16.4m、高さ4.6m、幅4.4m、半円アーチ断面で両側壁とも花崗岩の切石積みで頑丈な構造です。
地元では「吉永のマンポ」と呼ばれています。
隧道の上の河川堤防には「弘法杉」がそびえ立っています。

所在地 湖南市吉永 旧東海道
アクセス
公共交通機関
JR草津線 「三雲駅」 下車 徒歩 25分
名神栗東から国道1号を甲賀市水口方面に走行、「吉永」の信号を右折し、旧東海道を右折してすぐです。
お問い合わせ

(一社)湖南市観光協会

TEL:0748-71-2157

FAX:0748-72-9622

E-mail:[javascript protected email address]

観光・レジャー

大沙川は湖南市吉永に発し野洲川に合流する河川で、ふだんは水がほとんど流れていません。
東海道の上を流れる天井川です。
奈良時代に奈良の仏教寺院や石山寺の造営において、このあたりの山の木々はほとんど切り倒され、はげ山となりました。
大雨のごとに土砂が流れ出して、河床が上がり天井川になったと伝えられています。
この隧道は明治17年3月に県下最初の道路トンネルとして築造されました。長さ16.4m、高さ4.6m、幅4.4m、半円アーチ断面で両側壁とも花崗岩の切石積みで頑丈な構造です。
地元では「吉永のマンポ」と呼ばれています。
隧道の上の河川堤防には「弘法杉」がそびえ立っています。

お問い合わせ

(一社)湖南市観光協会

TEL:0748-71-2157

FAX:0748-72-9622

E-mail:[javascript protected email address]