鎌掛谷ほんしゃくなげ群落

かいがけだにほんしゃくなげぐんらく

更新日
2019/04/16

    鎌掛谷の南側のアカマツ林の間に生育しています。昭和6年(1931)に国の天然記念物に指定されました。このシャクナゲはすべてホンシャクナゲという種類のもので、7弁7裂・14雄しべを持つ美しい淡紅色(たんこうしょく)の花を咲かせます。口の割谷から女木谷にかけて特に多く自生しており、斜面約4万平方メートルに純木をなしています。本来が高山植物であり、鈴鹿山系でも標高800mから1000m付近の高所に見られるのが普通ですが、ここでは、標高350m前後の低地に、しかも群生するので非常に珍しいといわれています。

    所在地
    日野町鎌掛しゃくなげ渓谷
    アクセス
    公共交通機関
    近江鉄道/本線 「日野」 下車 バス 18分 臨時バスしゃくなげ渓行終点下車。
    JR琵琶湖線 「近江八幡」 下車 バス 40分 日野駅より臨時バスしゃくなげ渓行終点下車。
    名神高速八日市ICより国道421・307号を経て約30分。
    新名神高速甲賀土山ICより国道1号を経て約20分。
    駐車場
    普通車 100 台
    大型車 10 台
    その他
    近江鉄道日野駅から湖国バス鎌掛下車、徒歩40分。開花期間中、日野駅より臨時バス運行(1日7.5往復・要問合せ)
    料金
    保全協力金(大人(中学生以上)400円、小学生以下200円
    20名以上300円
    営業時間
    午前9時~午後4時30分(開花時期のみ)
    ウェブサイト
    お問い合わせ

    日野観光協会

    TEL
    0748-52-6577
    FAX
    0748-52-6017
    E-mail
    メールアドレスを表示