佐和山城跡

さわやまじょうせき

更新日
2019/07/30

    彦根駅の北側、佐和山(232.5m)にある城跡です。不破(ふわ)の関があった関ケ原(せきがはら)に近く、交通の要衝でした。近江守護佐々木氏によって築城され、天正18年(1590)石田三成(いしだみつなり)(1560-1600)が、佐和山城主となってから、5層の天守を構え、鳥居本(とりいもと)を大手とする立派な城だったといわれています。三成が関ケ原の戦いで破れた後、井伊直政(なおまさ)が新しい城主になりましたが、慶長11年(1606)、彦根城築城にともない廃城になりました。建築物の多くは彦根城や麓にある清凉寺(せいりょうじ)、龍潭寺(りょうたんじ)に移築転用され、現在では佐和山城を偲ぶものは、山腹の石田群霊碑だけとなっています。また、山頂からは琵琶湖や比良山系が一望のもとに見わたせます。

    所在地
    彦根市古沢町
    アクセス
    公共交通機関
    JR琵琶湖線 「彦根」 下車 徒歩 20分
    駐車場
    普通車 20 台
    大型車 5 台
    お問い合わせ

    彦根市役所 観光企画課

    TEL
    0749-30-6120
    FAX
    0749-22-1398
    エリア
    カテゴリ