法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 音羽城跡

音羽城跡 おとわじょうせき

最終更新日: 2015年6月25日

基本情報

 室町時代の末、現在の日野町小谷にその居を構えていた蒲生氏は、音羽のこの地に城を築きました。蒲生秀綱の時、あるいは貞秀の時と伝えられています。この山岳城は、日野川を前に、宝殿山(猪鼻ヶ岳)を背後にした要害の地にあって名城として知られていました。
 明応5年(1496)と文亀2年(1502)、敵を迎え撃って大勝をおさめていますが、大永2年(1522)から翌3年にかけての蒲生家同族間の争いには、若き当主秀紀を中心とする五百の兵が8ヶ月に及ぶ籠城をするという悲惨な戦いの末、大永3年3月開城し、直ちに蒲生高郷の援軍佐々木勢によって城は取り壊され、以後は日野川ダムのほとりの中野(日野)城へと城は移り、廃城となりました。

所在地 日野町音羽
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「近江八幡駅」 下車 バス 60分 上音羽(停)下車
近江鉄道/本線 「日野駅」 下車 バス 20分 上音羽(停)下車
名神高速八日市ICより国道421.307.477号で約25分。
新名神高速甲賀土山ICより国道1号で約25分。
駐車場
普通車 70 台
その他
バス下車後、徒歩10分
お問い合わせ

日野観光協会

TEL:0748-52-6577

FAX:0748-52-6017

E-mail:[javascript protected email address]

観光・レジャー

 室町時代の末、現在の日野町小谷にその居を構えていた蒲生氏は、音羽のこの地に城を築きました。蒲生秀綱の時、あるいは貞秀の時と伝えられています。この山岳城は、日野川を前に、宝殿山(猪鼻ヶ岳)を背後にした要害の地にあって名城として知られていました。
 明応5年(1496)と文亀2年(1502)、敵を迎え撃って大勝をおさめていますが、大永2年(1522)から翌3年にかけての蒲生家同族間の争いには、若き当主秀紀を中心とする五百の兵が8ヶ月に及ぶ籠城をするという悲惨な戦いの末、大永3年3月開城し、直ちに蒲生高郷の援軍佐々木勢によって城は取り壊され、以後は日野川ダムのほとりの中野(日野)城へと城は移り、廃城となりました。

お問い合わせ

日野観光協会

TEL:0748-52-6577

FAX:0748-52-6017

E-mail:[javascript protected email address]

close