観音寺城跡

かんのんじじょうあと

更新日
2019/07/03

    繖山に築かれた近江国守護佐々木六角氏の居城跡。佐々木氏城跡ともいい、国指定の史跡です。城跡は昭和44年(1969)から2年にわたって発掘されました。
     築城の年代は明らかではありませんが、戦国時代に六角高頼(たかより)(1445-1520)が、家臣である伊庭行隆・山内政綱(まさつな)らに命じて築城させたものと伝えられ、以後次第に整備されて、典型的な山城となったといわれています。
     山頂部には、樹間に本丸跡の石垣や石段、平井丸(ひらいまる)・落合丸(おちあいまる)・池田丸(いけだまる)の3つの城郭跡が残っています。また、大夫殿の池と称する籠城に備えた命水や、山上の雨水が石垣を崩さないように考えられた石畳の樋などがあり、多くの箇所に工夫が疑らされているのがわかります。本丸跡からは、ほかに茶器・硯・水差し・皿・壺なども多数出土しました。
     頂上からは、湖東平野一円を見渡すことができ、旧中山道や朝鮮人街道もよく見えます。

    所在地
    近江八幡市安土町石寺
    アクセス
    公共交通機関
    JR琵琶湖線 「安土」 下車 徒歩 40分
    名神竜王ICから30分(山の中まで林道あり、大型車通行不可)
    駐車場有料
    駐車場
    普通車 10 台
    大型車 4 台
    予約の要否
    不要
    ウェブサイト
    お問い合わせ

    安土駅前観光案内所

    TEL
    0748-46-4234
    FAX
    0748-46-4234
    エリア
    カテゴリ