石道寺

しゃくどうじ

更新日
2022/08/10

    己高山麓にある真言宗豊山派の寺。平安末期の作と伝えられる本尊の十一面観音像は国指定の重要文化財です。
    欅の一木造りの唇には紅をひとすじ残しており、往時は極彩色の仏さまであったことがうかがわれます。ゆるやかな姿態に流れるような衣をまとい、柔和で穏やかな印象を与えます。
    また、井上靖の「星と祭」にもでてくる子授けの観音様としても知られています。

    所在地
    長浜市木之本町石道
    アクセス
    公共交通機関
    JR北陸本線 「木ノ本」 下車 車 10分
    木之本インターから12分
    駐車場
    普通車 30 台
    その他
    駐車場あり(無料)
    料金
    拝観料300円(30名以上の団体は200円)
    営業時間
    午前9時~午後4時
    定休日など
    3月〜12月土日祝日のみ拝観可能(11月は無休)・冬期休業
    但し、令和4年8月現在、コロナウイルス感染予防のため、閉めています。その後の予定については未定です。
    お問い合わせ

    公益社団法人長浜観光協会 北部事務所(観音コンシェルジュ)

    TEL
    0749-53-4133
    E-mail
    メールアドレスを表示
    エリア
    カテゴリ