法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 引接寺

引接寺 いんじょうじ

最終更新日: 2015年6月23日

基本情報

 天台宗の寺院で、百済寺の未寺にあたります。史料が織田信長の焼き打ちで焼失してしまったため、いつ建立されたかはっきりとはわかりません。百済寺を再興した亮算(りょうさん)の弟子・亮誉(りょうよ)が開山し、現在の地に寺院を建立したといわれます。本尊阿弥陀如来像は、再建寺に善万坊大徳(ぜんまんぼうだいとく)という僧が寄進したもので、平安時代の作といわれます。また、庭園の奥にある「来迎浄土(らいこうじょうど)」は付近の山野に散在していた石仏や石塔を集め、昭和61年(1986)に造られたもので、三層になっていて、大石塔を中心に二千体の石仏と三千基の五輪塔を安置し、毎年8月22日に万灯供養が行われます。

所在地 東近江市上山町312
アクセス
名神高速道路八日市ICから車で15分
駐車場
普通車 40 台
大型車 2 台
その他
JR琵琶湖線能登川駅から近江バスで百済寺下車徒歩10分
お問い合わせ

引接寺

TEL:0749-46-1285

観光・レジャー

 天台宗の寺院で、百済寺の未寺にあたります。史料が織田信長の焼き打ちで焼失してしまったため、いつ建立されたかはっきりとはわかりません。百済寺を再興した亮算(りょうさん)の弟子・亮誉(りょうよ)が開山し、現在の地に寺院を建立したといわれます。本尊阿弥陀如来像は、再建寺に善万坊大徳(ぜんまんぼうだいとく)という僧が寄進したもので、平安時代の作といわれます。また、庭園の奥にある「来迎浄土(らいこうじょうど)」は付近の山野に散在していた石仏や石塔を集め、昭和61年(1986)に造られたもので、三層になっていて、大石塔を中心に二千体の石仏と三千基の五輪塔を安置し、毎年8月22日に万灯供養が行われます。

お問い合わせ

引接寺

TEL:0749-46-1285

close

このスポットで開催されているイベント