法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 山津照神社

山津照神社 やまつてるじんじゃ

最終更新日: 2015年6月23日

基本情報

 老樹に囲まれた落ち着いた雰囲気の神社で、奈良時代息長氏祖神を祀って創建されたといわれます。祭神は国常立尊(くにのとこたちのみこと)。鎌倉中期に後鳥羽天皇が宝剣を奉納したと伝えられています。
 参道拡張工事で発見された前方後円墳の山津照神社古墳は、息長氏一族で神功皇后(じんぐうこうごう)の父、息長宿禰王(おきながすくねおう)の墳墓といわれ、横穴式石室から鏡・埴輪・金銅製具・馬具・刀など多くの副葬品が発掘され、それらは貴重な文化財として宝物庫に納められています。
 また、5月5日の祭礼には「武家奴振り」が行なわれています。

所在地 米原市能登瀬390
アクセス
北陸自動車道米原ICより車で5分
駐車場
普通車 5 台
お問い合わせ

山津照神社

TEL:0749-54-2913

観光・レジャー

 老樹に囲まれた落ち着いた雰囲気の神社で、奈良時代息長氏祖神を祀って創建されたといわれます。祭神は国常立尊(くにのとこたちのみこと)。鎌倉中期に後鳥羽天皇が宝剣を奉納したと伝えられています。
 参道拡張工事で発見された前方後円墳の山津照神社古墳は、息長氏一族で神功皇后(じんぐうこうごう)の父、息長宿禰王(おきながすくねおう)の墳墓といわれ、横穴式石室から鏡・埴輪・金銅製具・馬具・刀など多くの副葬品が発掘され、それらは貴重な文化財として宝物庫に納められています。
 また、5月5日の祭礼には「武家奴振り」が行なわれています。

お問い合わせ

山津照神社

TEL:0749-54-2913

このスポットで開催されているイベント