法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 葛川息障明王院

葛川息障明王院 かつらがわそくしょうみょうおういん

最終更新日: 2015年6月25日

基本情報

 市の最北部、安曇(あど)川渓谷に沿う葛川集落の中心にあります。天台宗。平安時代初期に、延暦寺の僧であった相応(そうおう)(831-918)が回峰行(かいほうぎょう)の道場として開きました。相応が始めた回峰行とは独特の行で、100日間、1日30km、夜中に山中などを走るというものです。この厳しい行の道場にふさわしく、寺院は老杉が生い茂る深山におおわれており、境内は石垣に苔がむして霊気が漂っています。本堂・庫裏(くり)・護摩堂(ごまどう)・宝物蔵などが立ち並び、重要文化財も保存されています。付近には、相応が滝壺に飛び込んで霊木を引き上げ、不動明王を自ら刻んだという「三(さん)の滝」をはじめ、19の滝があります。拝観を兼ねて、比良(ひら)山登山やハイキング、釣りなどが楽しめます。毎年7月18日に太鼓回しが行われます。
〈重文〉木造不動明王立像 木造千手観音立像 木造毘沙門天立像 紙本著色光明真言功徳絵詞(3巻) 

所在地 大津市葛川坊村町155
アクセス
駐車場
普通車 40 台
大型車 10 台
お問い合わせ

葛川息障明王院

TEL:077-599-2372

観光・レジャー

 市の最北部、安曇(あど)川渓谷に沿う葛川集落の中心にあります。天台宗。平安時代初期に、延暦寺の僧であった相応(そうおう)(831-918)が回峰行(かいほうぎょう)の道場として開きました。相応が始めた回峰行とは独特の行で、100日間、1日30km、夜中に山中などを走るというものです。この厳しい行の道場にふさわしく、寺院は老杉が生い茂る深山におおわれており、境内は石垣に苔がむして霊気が漂っています。本堂・庫裏(くり)・護摩堂(ごまどう)・宝物蔵などが立ち並び、重要文化財も保存されています。付近には、相応が滝壺に飛び込んで霊木を引き上げ、不動明王を自ら刻んだという「三(さん)の滝」をはじめ、19の滝があります。拝観を兼ねて、比良(ひら)山登山やハイキング、釣りなどが楽しめます。毎年7月18日に太鼓回しが行われます。
〈重文〉木造不動明王立像 木造千手観音立像 木造毘沙門天立像 紙本著色光明真言功徳絵詞(3巻) 

noimage
お問い合わせ

葛川息障明王院

TEL:077-599-2372

close