法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 鞭崎八幡宮

鞭崎八幡宮 むちさきはちまんぐう

最終更新日: 2015年6月23日

基本情報

 JR草津駅の南西約4km、石津寺(せきしんじ)の近くにあります。祭神は息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)。奈良時代前期に大中清麻呂(おおなかのきよまろ)が創建したと伝えられています。昔、上洛途中の源頼朝が、この神社の森を鞭で指して名前を尋ねたことから、鞭崎八幡宮と呼ばれるようになったといいます。
 表門は、明治時代まで250年間続いた膳所城の南大手門を譲り受けたもので、重要文化財に指定されています。太くて頑丈な木材が縦格子に組み立てられ、その上に板を平列に張り、さらにその上に鉄板を直角に縦方向に張ってあり、堂々とした威厳を漂わせています。
<重文>表門

所在地 草津市矢橋町1462
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「草津駅または南草津駅」 下車 バス 10分 矢橋
その他
バス下車後、徒歩5分
お問い合わせ

鞭崎八幡宮

TEL:077-562-5762

観光・レジャー

 JR草津駅の南西約4km、石津寺(せきしんじ)の近くにあります。祭神は息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)。奈良時代前期に大中清麻呂(おおなかのきよまろ)が創建したと伝えられています。昔、上洛途中の源頼朝が、この神社の森を鞭で指して名前を尋ねたことから、鞭崎八幡宮と呼ばれるようになったといいます。
 表門は、明治時代まで250年間続いた膳所城の南大手門を譲り受けたもので、重要文化財に指定されています。太くて頑丈な木材が縦格子に組み立てられ、その上に板を平列に張り、さらにその上に鉄板を直角に縦方向に張ってあり、堂々とした威厳を漂わせています。
<重文>表門

お問い合わせ

鞭崎八幡宮

TEL:077-562-5762