法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 朽木陣屋跡

朽木陣屋跡 くつきじんやあと

最終更新日: 2015年6月26日

基本情報

朽木役場のすぐ北方にある村木氏の陣屋跡です。関ヶ原の戦い以後、徳川幕府の譜代大名格の待遇を受けた朽木氏が領地内に設けた館舎で、当時は9万3000平方メートルの敷地に本丸・二の丸・三の丸をはじめ、御殿・侍所・剣術道場・馬場・倉庫など戦陣拠点としての諸施設が建っていたといわれています。 残念ながら、明治維新とともにすべての建物が取り壊され、現在は、堀・土居・石垣の一部と2ヵ所の井戸がわずかに残っているだけです。しかし、近年になって、植物・樹木が植えられ、わら葺きの民家が移築されて史跡公園となっています。また、公園内には、郷土資料館もあります。

所在地 高島市朽木野尻478
アクセス
公共交通機関
JR湖西線 「安曇川駅」 下車 バス 10分 村民グランド前
駐車場
普通車 10 台
大型車 5 台
料金 入館料:無料
営業時間 9:00~16:30
定休日など 月・火曜日、国民の祝日(ただし5/5・11/3は開館)年末年始(12/28〜1/4)
お問い合わせ

朽木資料館

TEL:0740-38-2339

観光・レジャー

朽木役場のすぐ北方にある村木氏の陣屋跡です。関ヶ原の戦い以後、徳川幕府の譜代大名格の待遇を受けた朽木氏が領地内に設けた館舎で、当時は9万3000平方メートルの敷地に本丸・二の丸・三の丸をはじめ、御殿・侍所・剣術道場・馬場・倉庫など戦陣拠点としての諸施設が建っていたといわれています。 残念ながら、明治維新とともにすべての建物が取り壊され、現在は、堀・土居・石垣の一部と2ヵ所の井戸がわずかに残っているだけです。しかし、近年になって、植物・樹木が植えられ、わら葺きの民家が移築されて史跡公園となっています。また、公園内には、郷土資料館もあります。

お問い合わせ

朽木資料館

TEL:0740-38-2339