法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 天皇神社

天皇神社 てんのうじんじゃ

最終更新日: 2015年6月23日

基本情報

 JR和邇(わに)駅から南西へ約1.1km。祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)です。創祀は鎌倉時代後期と考えられています。
 県内に3棟(天皇神社・小野篁(たかむら)神社・小野道風(とうふう)神社の各本殿)しかない切妻造の本殿は、国の重要文化財で、鎌倉時代後期の建築です。何度も改築しているようですが、蟇股(かえるまた)の雄渾(ゆうこん)な輪郭などに創建当時の古い特徴がよく現れています。また、屋根の勾配が非常に緩く、少し後にできた小野道風神社本殿などとは趣を異にし、見比べてみるのもおもしろいものです。
 境内には、室町時代のものと思われる石造宝塔や層塔が残っています。社殿の古めかしい屋根やおおい茂る老樹とともに、美ししい調和をなしており、神社の古い歴史を物語っています。
〈重文〉本殿

所在地 大津市和邇中
アクセス
公共交通機関
JR湖西線 「和邇駅」 下車 徒歩 20分
お問い合わせ

志賀観光協会

TEL:077-592-0378

FAX:077-592-1002

E-mail:[javascript protected email address]

観光・レジャー

 JR和邇(わに)駅から南西へ約1.1km。祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)です。創祀は鎌倉時代後期と考えられています。
 県内に3棟(天皇神社・小野篁(たかむら)神社・小野道風(とうふう)神社の各本殿)しかない切妻造の本殿は、国の重要文化財で、鎌倉時代後期の建築です。何度も改築しているようですが、蟇股(かえるまた)の雄渾(ゆうこん)な輪郭などに創建当時の古い特徴がよく現れています。また、屋根の勾配が非常に緩く、少し後にできた小野道風神社本殿などとは趣を異にし、見比べてみるのもおもしろいものです。
 境内には、室町時代のものと思われる石造宝塔や層塔が残っています。社殿の古めかしい屋根やおおい茂る老樹とともに、美ししい調和をなしており、神社の古い歴史を物語っています。
〈重文〉本殿

お問い合わせ

志賀観光協会

TEL:077-592-0378

FAX:077-592-1002

E-mail:[javascript protected email address]