法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 朝妻湊跡

朝妻湊跡 あさずまみなとあと

最終更新日: 2015年7月2日

基本情報

朝妻湊は古代から東海・北陸地方の人の行き来や荷物の運搬など、湖上交通の要港として発展してきました。歴史上でも秀吉が京の大仏殿建立の際、尾張や美濃から木材を運搬し、木曽義仲の後続部隊の出陣時にも朝妻湊を経て戦地に向かうなど、重要な役割を果たしてきました。しかし江戸時代に入り彦根藩主、井伊氏が米原湊を御用港として保護するのを境に、それまで行なわれていた湖上交通は制限され、港のにぎやかさは影をひそめました。今では朝妻湊跡の石碑、港内に敷き詰められた石畳が、当時を偲ぶものとして残っています。

所在地 米原市朝妻筑摩
アクセス
公共交通機関
JR北陸本線 「坂田駅」 下車 徒歩 30分
北陸自動車道米原ICから車で約15分
お問い合わせ

米原観光協会

TEL:0749-58-2227

FAX:0749-58-1197

観光・レジャー

朝妻湊は古代から東海・北陸地方の人の行き来や荷物の運搬など、湖上交通の要港として発展してきました。歴史上でも秀吉が京の大仏殿建立の際、尾張や美濃から木材を運搬し、木曽義仲の後続部隊の出陣時にも朝妻湊を経て戦地に向かうなど、重要な役割を果たしてきました。しかし江戸時代に入り彦根藩主、井伊氏が米原湊を御用港として保護するのを境に、それまで行なわれていた湖上交通は制限され、港のにぎやかさは影をひそめました。今では朝妻湊跡の石碑、港内に敷き詰められた石畳が、当時を偲ぶものとして残っています。

お問い合わせ

米原観光協会

TEL:0749-58-2227

FAX:0749-58-1197