ガリ版伝承館

がりばんでんしょうかん

更新日
2021/03/19

    堀井新治郎父子は、明治27年大量に同じ文章を簡単に印刷できる印刷機のガリ版こと「謄写版」を発明しました。ガリ版の発明は明治期の印刷手段の一大革命となり、大学や商社・官庁・新聞・通信社の多くに活用されました。発明家として活躍した堀井父子の発明登録数は、550件にものぼります。この偉大な発明家を伝承する拠点として、堀井父子の住まいした本家洋館を「ガリ版伝承館」として開館されました。
     1階には、10人程度が利用できる体験室とビデオコーナーがあり、2階には、ガリ版1号機やガリ版器材の展示、ガリ版印刷物の展示、堀井謄写版年表がとりつけてあります。
     ガリ版の懐かしさとガリ版を知らない世代には新たな魅力を味わっていただける伝承館となっています。

    所在地
    東近江市蒲生岡本町
    アクセス
    名神高速 蒲生SICから10分、八日市ICから30分
    駐車場
    普通車 10 台
    大型車 2 台
    その他
    JR琵琶湖線近江八幡駅南口から近江バス日野行き「ガリ版伝承館」下車
    料金
    無料
    営業時間
    10:00から16:00
    定休日など
    土日のみ開館(ガリ版体験は要予約)
    休館日:月〜金、年末年始
    お問い合わせ

    近江商人博物館

    TEL
    0748-48-7101
    FAX
    0748-48-7147