諸木神社

もろきじんじゃ

更新日
2015/06/23

    町の北端にある神社で、神社由緒では町内でもっとも古く、4世紀初めに創祀されたといいます。現在では「諸木」と書くが、中世の史料には「諸祗」と記録されており、多くの神が祀られている神社として信仰されていたようです。北脇の氏神でもあります。
     境内には、国認定の重要美術品である石造灯籠があります。基礎部分にある美しい蓮弁の模様や、竿の中ほどにある丸い玉を連ねた連珠文と呼ぶ様式など、鎌倉時代の作風を伝えています。
    〈重美〉石造燈籠

    お問い合わせ

    日野観光協会

    TEL
    0748-52-6577
    FAX
    0748-52-6017
    E-mail
    メールアドレスを表示
    エリア
    カテゴリ