法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. 観光モデルコース
  3. 中山道 宿場町をめぐる

モデルコース

中山道 宿場町をめぐる

日程
1日コース
エリア
湖南エリア、湖東エリア、湖北エリア

旧中山道の宿場町として栄えたまちなみなどを訪ねる

1 名神栗東IC

  • 6km
  • 車 10分

2 守山宿

 中山道は、徳川幕府が制定した五街道の一つで、江戸板橋宿を第一宿として、武蔵・上野・信濃・美濃の各国を経て近江国守山宿まで六十七宿が定められましたが、守山は、東下りの第一番目の宿として「京発ち守山泊まり」で旅人に知れわたっていました。 宿内の街並みは、11町53間(約1300m)あり、人口は、約1,700人ほどありました。 江戸時代から続く街道筋の町屋を利用して、中山道街道文化交流館もあり、街道や...

スポット詳細ページへ

  • 15km
  • 車 20分

3 武佐宿(武佐宿跡)

 この地は、武佐宿を起点に伊勢に向かう八風街道(八日市・永源寺を通り八風峠を越え伊勢へとつながる街道で海産物、紙、布等の物資が行き交ったとされています。現在の国道421号線がほぼ踏襲)や八幡町内へ分岐する交通の要で長さは約1kmに及びます。 江戸時代に入って宿次・伝馬の法が一新され、武佐宿駅は大駅となり、宿村大概帳によれば、宿高八百九十余石、町並八町二十四間、本陣一、脇本陣一、問屋二、高札二、旅籠...

スポット詳細ページへ

  • 11km
  • 車 15分

4 愛知川宿

中山道65番目の宿場。八幡神社・宝満寺のほか、問屋跡・一里塚跡の石碑などから往時を偲ぶことができます。「愛知川宿まちかど博物館」の店舗を頼りに散策してみませんか。(写真:藤沢和美氏撮影)

スポット詳細ページへ

  • 8km
  • 車 12分

5 高宮宿(無賃橋)

中山道の六十五番の宿であり、古くから湖東地方の中心として栄えてきました。今でも本陣跡や旧家が点在し、その面影を伝えています。

スポット詳細ページへ

  • 7.5km
  • 車 15分

6 鳥居本宿(赤玉神教玉本舗)

 鳥居本は、江戸から数えて中山道(なかせんどう)六十七次の第六十三にあたる旧宿場町です。町の北はずれの国道8号と交わるあたりの松並木、約2km続く袖塀に格子構えの家並みや看板が、旧街道の雰囲気をかもしだしています。鳥居本は、合羽(かっぱ)が特産で、本家合羽と書かれた古い木製看板は、道中合羽(どうちゅうかっぱ)を製造販売していたところです。どっしりした威厳のある昔ながらの商家のたたずまいを残す有川家...

スポット詳細ページへ

  • 10km
  • 車 15分

7 番場宿(蓮華寺)

 長谷川伸の戯曲『瞼の母』で一躍脚光を浴びた山里の宿場町です。付近には一向上人開山と伝わる蓮華寺や、脇本陣跡といったみどころがあります。

スポット詳細ページへ

  • 10km
  • 車 10分

8 醒井宿(居醒の清水)

 街道とともに下る『居醒の清水』は太古、日本武尊が体毒を洗い流したと伝えられます。今も、霊水・名水として湧出し、人々の生活を潤しています。

スポット詳細ページへ

  • 5km
  • 車 12分

9 柏原宿(柏原宿歴史観)

 JR東海道本線柏原(かしわばら)駅のあたりを中心に、かつて柏原宿が広がっていました。東西13町(約1.5km)にもおよぶ中山道の中でも大規模な宿場町で、344軒の家があったと伝えられていますが、現在では、常夜灯(じょうやとう)や街道沿いの宿場町特有の2階建の軒の低い数軒の家が面影を伝えています。 京から江戸へ向かう場合、柏原の宿から東へ近江(おうみ)の国と美濃(みの)の国の境にかけて長久寺(ちょ...

スポット詳細ページへ

  • 8km
  • 車 15分

10 北陸道米原IC

戻る

コースマップ

別のエリアのコースを調べる