法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. 観光モデルコース
  3. 近江と越前をむすぶ 北国街道を歩く

モデルコース

近江と越前をむすぶ 北国街道を歩く

日程
1日コース
エリア
湖北エリア

木之本から長浜まで

1 北陸道木之本IC

  • 3km
  • 車 5分

2 木之本宿

地蔵院の門前町として栄えたところ。北国街道と北国脇往還が交わる宿場町で、旅人と木之本のお地蔵さんの参拝客で賑わいました。木之本宿には昭和の初めまで中央に小川が流れ、柳の木が植えられた宿場らしい風情を残していましたが、今では埋め立てられ、商家の家並みに昔の風情を残しています。

スポット詳細ページへ

3 木之本地蔵院

眼の仏さまとして知られる寺。境内に立つ6メートルの地蔵像は秘仏である本尊を模しており「木之本のお地蔵さん」が全国から訪れる参拝客を出迎えます。寺の歴史は古く、白鳳時代にさかのぼります。空海、木曽義仲、足利尊氏、足利義昭も参拝した記録があります。毎年8月の「大縁日」には多くの露天と遠近よりの参拝客で大変賑わいます。

スポット詳細ページへ

  • 15km
  • 車 25分

4 北国街道安藤家

安藤家は、室町時代からこの長浜に移り住んだ旧家で、賤ヶ岳合戦(1583年)では秀吉に協力しました。秀吉は町衆の中から長浜の自治を委ねる「十人衆」を選び、安藤家はそ の十人衆として町衆文化の一翼を担い、江戸期には十人衆の中から選ばれる三年寄の一家として、長浜町の発展に力を尽くし活躍しました。明治以降の安藤家は、近江商人との婚姻関係から自らも商人となり、呉服問屋として事業を展開。東北地方を商圏に産物の...

スポット詳細ページへ

5 黒壁スクエア

北国街道と、長浜城から東に延びる大手門通り(美濃谷汲街道)との交差点は、江戸時代に高札が立ち、現在でも「札の辻」と呼ばれています。古くから長浜の中心だったこの辻に、明治33年(1900)第百三十国立銀行長浜支店(6年後に明治銀行となる)が建てられ、壁が黒塗りだったことから「黒壁銀行」の愛称で親しまれました。 和洋折衷の重厚な建物は、その後さまざまな変遷を遂げ、平成元年(1989)、「黒壁一號館・黒...

スポット詳細ページへ

  • 6km
  • 車 10分

6 北陸道長浜IC

戻る

コースマップ

別のエリアのコースを調べる