法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. 観光モデルコース
  3. 太閤ストーリー 豊臣秀吉出世街道

モデルコース

太閤ストーリー 豊臣秀吉出世街道

日程
1泊2日コース
エリア
湖北エリア、湖東エリア

太閤秀吉の足跡をたどる

1 北陸道長浜IC

  • 5km
  • 車 8分

2 姉川古戦場

 町の南端を流れる姉川の野村橋(のむらばし)付近一帯は、戦国時代に壮絶な戦いが繰り広げられた所です。 小谷(おだに)城主の浅井長政(あざいながまさ)(1545-73)は、織田信長の妹お市の方を夫人にし、織田家と同盟を結んでいましたが、かねて親交のあった越前の朝倉(あさくら)氏を、信長が攻めたことにより信長と長政との間に確執ができました。この合戦は、浅井・朝倉軍約1万8千人と織田・徳川軍約2万8千人...

スポット詳細ページへ

  • 6km
  • 車 10分

3 小谷城跡

 小谷城は、長浜市の小谷山(495.1m)にあり、浅井(あざい)家が3代にわたって居城としていました。築城は1524年ごろで、中世三大山城のひとつです。湖北の大名・浅井長政と織田信長の妹で戦国一の美女といわれたお市の方、その間に生まれた3人の娘・浅井三姉妹(茶々、初、江)ゆかりの城です。城跡からは琵琶湖や湖北の地を一望することができます。 織田信長との戦いで浅井家が滅んだ後、羽柴(はしば)(豊臣)...

スポット詳細ページへ

  • 12km
  • 車 20分

4 賤ヶ岳

南北に奥琵琶湖と竹生島、東に伊吹山、北に余呉湖を一望できる賤ヶ岳は、琵琶湖八景の一つとして知られています。1583年(天正11年)、羽柴秀吉と柴田勝家が覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」の戦場跡で、戦跡碑、戦没者の碑があります。また、琵琶湖と余呉湖のふたつの湖の景観と史跡を巡る多彩なハイキングコースが整備されています。

スポット詳細ページへ

  • 22km
  • 車 25分

5 長浜城歴史博物館

 戦国時代末期に豊臣秀吉が城主として過ごした長浜城は、江戸時代前期に廃城になり、遺構は彦根城や大通寺に移築されました。その跡には、僅かな石垣と井戸だけが残されていましたが、昭和58年(1983)に安土桃山時代の城郭を模して「昭和新城」を復元されました。内部は歴史博物館として公開されています。 2階展示室は「ひらけゆく湖北・長浜」をテーマに、宗教、文化や秀吉と長浜に関する資料を展示しており、3階では...

スポット詳細ページへ

  • 0.7km
  • 徒歩 10分

6 豊国神社

 安土桃山時代、秀吉の没後に長浜の町民がその遺徳を偲んで建立。事代主大神、豊臣秀吉、加藤清正、木村重成を祭神としています。 大坂夏の陣で豊臣家が滅びると、徳川幕府は神社を取り壊すよう命じました。町民は、一時、祭神を町年寄の家へ移し、八幡宮の古堂を移築して、商売の神様である恵比須神を前立に、奥殿に秀吉像をひそかに祀り、長い江戸時代を過ごしました。 明治31年(1898)の秀吉300回忌に社殿を造営し...

スポット詳細ページへ

  • 1km
  • 徒歩 15分

7 長浜港

湖上観光、レクリェーション、漁業の湖北の拠点。竹生島への定期観光船のほか、冬には雪見、春には花見のための遊覧船も出ます。

スポット詳細ページへ

  • 12km
  • 船 30分

8 竹生島(秀頼が豊国廟移築)

沖合約6kmに浮かぶ周囲2kmあまりの小島で、宝厳寺と都久夫須麻神社が祀られています。宝厳寺の本尊は弁才天と千手観音。弁才天は安芸の宮島、相模の江島とともに日本三弁天に数えられています。また、中世以来西国三十三所観音霊場の三十番札所として多くの参詣客で賑わっています。宝厳寺の唐門は秀吉の大坂城の唯一の遺構と伝わり、都久夫須麻神社の本殿とともに国宝に指定されています。近年は琵琶湖第一のパワースポット...

スポット詳細ページへ

  • 18km
  • 船 40分

9 多賀大社(太閤橋、庭園)

 延命長寿・縁結びの神として古くから全国的な信仰を集め、豊臣秀吉の厚い信仰もありました。祭神として天照大神(あまてらすのおおみかみ)の両親の伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)を祀っている旧官弊大社です。「お多賀さん」の名で親しまれ、駅前の大鳥居から神社までの参道の両わきにみやげ店などが並びます。 神社を清流が囲み、太閤橋(たいこうばし)と呼ばれる石の反り橋を渡って門をく...

スポット詳細ページへ

  • 28km
  • 車 30分
  • ロープウェイ 4分

10 八幡山城

市街地のすぐ北側、標高271.9mの八幡山山頂にあります。安土城が落城してから3年後、豊臣秀次(とよとみひでつぐ)が築いた城です。最頂部に本丸をもうけ、その南東に二の丸、西に西の丸、北に北の丸、南西の尾根上一段低く出丸を配置する構造で、山頂から八の字形に広がる尾根上の小曲輪と、尾根に挟まれた南斜面中腹に秀次館跡と家臣団館跡群と思われる曲輪群が階段状に残っています。現在は石垣を残すのみですが、本丸跡...

スポット詳細ページへ

  • 12.5km
  • ロープウェイ 4分
  • 車 18分

彦根港着

11 名神竜王IC

戻る

コースマップ

別のエリアのコースを調べる