たぬき・だけじゃない・しがらきワールドを満喫〜♫

sgrkekme01-min.png

信楽、春恒例の「しがらき駅前陶器市」で、お気に入りの陶器類を物色してきました!

sgrkekme02-min.png

駐車場から会場に向かう駅前の道路沿いには、つい先日認定された滋賀の新しい日本遺産「忍者」と「信楽焼」(正式な名称や詳細は文末を!)ののぼりが、折からの強い風に力強くはためいていました。どちらも地元、そりゃぁ盛り上がりますよね〜

sgrkekme03-min.png

sgrkekme04-min.png

絶対混む・・・!と見込んで、開場の9時ぴったりに到着したのですが、駐車場はもう半分ぐらいうまっていました。
会場はすでに熱気ムンムン。100円、200円均一から三つで1,000円、本場信楽のチョッとステキな陶器類がてんこ盛り〜❤︎

sgrkekme06-min.png

信楽駅前、おなじみの大ダヌキ前では、太鼓演奏のウォーミングアップでしょうか、子どもたちが乱れ打ちを始め、一気にお祭りモードに突入。気がつけば次第に陽も高くなっていて、暑さがじんわり伝わってくる、もうすっかり初夏の風情です。

sgrkekme07-min.png

駅の北側に広がる広場にも敷地いっぱいにテントが出ていて、すでに人混みが始まっていました。
こちらのテントは窯元さん?!問屋さん?!単位なんでしょうか・・・。同じ作家さんと思われる作品がどのテントにも並んでいるので、はやる気を抑えて、まずはゆっくり一通り品定めしてから買うのがお勧め!
とにかくすっごい品揃えで、お目当てをゆっくり吟味しながら廻っていると、気がついたらもうお昼〜

sgrkekme08-min.png

↖︎ 信楽高原産!無農薬!!石臼挽き!!!手打ちそば。1杯500円。これまたいきなりの突風でお皿の中が散らかってしまいました・・・(きちゃない絵面でスミマセン)
↑ 鮒の煮付け1パック1,000円。すっごいボリューム!!
↗︎ 子持鮎の塩焼き1尾500円(・・・たしか)。

sgrkekme09-min.png

なんと!一つ10円(・・・たしか・・・ばっかりでスミマセン ^^;)のつきたてお餅にはすんごい行列ー!!
スタッフさんがついたお餅が、アッという間になくなっていきましたー

今日のお買い上げ、しめて20点。お気に入りがたくさんゲットできて大満足です♫

sgrkekme10-min.png

たぬき、フクロウはおなじみですが、カエルにペンギン、奥にはポスト!
信楽ワールドは、まだまだ無限に広がっているようです♫
日本遺産にも選ばれて、ますます楽しみな甲賀・信楽です。

がっつり買うなら「しがらき駅前陶器市」 〜5/7(日)

じっくり買うなら「しがらき作家市」 5/2(火)〜5/5(金)

●日本遺産 滋賀県関連の追加認定
「忍びの里 伊賀・甲賀―リアル忍者を求めて―」
「きっと恋する六古窯 ―日本生まれ日本育ちのやきもの産地―」
朝日新聞記事より(2017.4.29)


滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ