タグ「叶匠壽庵」が付けられているもの

00noza171215-min.jpg

滋賀の老舗和菓子ブランドとして有名な叶 匠壽庵。
大津市の南、のどかな山里「寿長生の郷」に、なんと!カフェが併設されたパン屋さんがオープン!ってことで早速行ってきましたっ!

01noza171215-min.jpg

ちょうどパンが焼きあがったばかりで、店内には香ばしー香りが広がっております❤︎❤︎❤︎


でもこのパン、お昼を過ぎる頃には売り切れてしまうとのこと。
この日も団体さんが来られていて、バク買いの予感が・・・ ^^;

そう!行くならぜひ!午前中お早めにどうぞっ!!

02noza171215-min.jpg

あんぱんのために炊き上げられたつぶ餡が、国産小麦×天然酵母のパンに包み込まれています。しめて税込249円!そもそも和菓子屋さんですので、もちろんイチ押しは、この「匠のあんぱん」!

03noza171215-min.jpg

・・・って言いたいところですが、私のお気に入りは、この本格的な硬いバケット!

あんことバターがコラボしたこちらの逸品〜❤ 500円くらいだったかなぁ・・・
ヨーロッパ暮らしが長かったワタクシは、日本独自のやんわりしたバケットが、ずーーーっと不満だったのぉぉぉ!
アチラではバケットは固いもの!噛んでるとアゴがだるくなってくるハードパンが本場のバケットなんです!(キッパリ)
食べれば食べるほど「小顔」に近づく、美味しさを楽しみつつ我が美にも磨きがかかる一石二鳥な食べ物なのです!!!

04noza171215-min.jpg

一階のパン屋さんで買ったパンは、そのまま二階のカフェでいただくことができます。
BGMは静かなジャズ。と〜ってもイイ雰囲気です❤︎

05noza171215-min.jpg

シブ〜いマスターが本格的なサイフォン式でいれてくれるいろんな種類の珈琲!
通にもきっと満足してもらえるカフェ。コチラも超オススメです!

06noza171215-min.jpg

のんびりと辺りの田園風景を愛でつつ、焼きたてのパンと美味しい珈琲を堪能しました〜❤︎

ちなみに毎日オープンしているわけではありません!営業日をチェックして、ぜひ行ってみてくださいね!

07noza171215-min.png

【営業日】火・木・土・日・祝のみ

【営業時間】11:00~16:00

Bakery & Café「野坐」

寿長生の郷

叶匠壽庵 facebook



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

image0.png

今年の「ラ・フォル・ジュルネ」は、4月29日(金・祝)から3日間。楽しみにしていたこの音楽祭ですが、最終日5月1日になんとかすべりこんできました。

image1.png

まずは、びわ湖ホールメインロビーでの「びわ湖ホール声楽アンサンブル」の無料コンサート。最後に歌ったのは「琵琶湖周航の歌」。女声は琵琶湖をモチーフにデザインされた美しい浜ちりめんを着ての合唱とのことで、たそがれ迫る琵琶湖も後ろに見えて、実にしみじみとした雰囲気の中、素敵な歌声がロビーに響き渡りました。

その後は、今回のラ・フォル・ジュルネの最後をしめくくる大ホールでのコンサート。

アンヌ・ケフェレック(ピアノ)、大阪フィルハーモニー交響楽団、ミハイル・ゲルツ(指揮)の、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「ピアノ協奏曲第27番」の2曲の演奏がとても素晴らしく、たっぷり堪能しました。これで1,500円(A席)は、信じられない安さです!!

image2.png

ロビーでは、びわ湖ホールのオフィシャルスポンサー、和菓子の「叶匠壽庵」さんの特売が。侍姿の衣装のスタッフが盛り上げていました。

ちょっと敷居が高い感があるクラシック音楽ですが、そんなものをすべて払拭してくれるこの「ラ・フォル・ジュルネ」。普段着のまま音楽の楽しさをじっくり味わえる、毎年楽しみなコンサートです。ずっと続けてほしいと心から思います。(俊)


ちなみにラ・フォル・ジュルネの催しは、びわ湖ホールだけじゃないんです!

西2.png

ハイッ!まずはびわ湖ホールを出た湖岸の打出浜。こちらでは県内外の中高生が元気いっぱいの演奏を披露中!!たくさんの皆さんが見入ってらっしゃいました。屋外で聴く吹奏楽もまた違った味わい。眩しい陽射しと爽やかな湖風のもと、中高生の爽やかな演奏がとってもすがすがしく映りました。

西3.png

こちらはびわ湖ホールのお隣、ピアザ淡海の会場。「にゃんばら先生の音楽アトリエ」では、膳所高校の皆さんが演奏とダンスを披露。

西5.png

滋賀ならではのプログラムもありました。こちらは大津絵を使ったオリジナルのゆるキャラえんぴつづくり。おうちの方に手伝ってもらいながら、子どもたちが奮闘していました。別のお部屋では毎年恒例マジックショーも人気でした。

今年のラ・フォル・ジュルネ、3日間ともお天気に恵まれ、どの日もたくさんのお客様で賑わっていました。来場者数は5万人を超えたとのこと。また来年が楽しみです!(西)

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

sun1.png

ゴールデンウィークしょっぱなは、"のんびり""楽しく"そして"おいしい"体験ができる、寿長生の郷「花の宴 牡丹まつり」に家族でお出かけしました。

2.png

先ずは古民家づくりの落ち着いた総合案内所で、本日の情報収集。この日は肌寒かったのですが、温かいお番茶と季節限定の「よもぎ(蓬)のあも」をいただきました。

身体もほっこりしたところで子どもの和菓子教室へ。朝一番だったのでほぼプライベートレッスン!

sun3.png

sun4.png

人気妖怪キャラクターの兜バージョンに挑戦!ちなみに私はコマさんずら~♫ 家族全員、出来上がりに満足しつつ園内のスタンプラリーにも参加しました。

sun5.png

広い園内の沢山の植物を見ながらの散策はとても気持ち良くておすすめです。山頂の展望からは、のどかな大石龍門地区が見渡せます。

可憐な花が咲き競う野の中、お祭りのテーマ、見事な牡丹が見頃を迎えていました。

sun6.png

途中、お腹も空いたところで、囲炉裏茶房にて小休憩。ボリューム満点!「おぜんざいと御餅三種」。

sun7.png

散策を続けること、小一時間。野山をかけまわった後のスタンプラリーの景品は、紅玉りんごのゼリー♫ ゼリー好きの子どもたちは大喜び!!

5月3日は現役のお相撲さんと相撲をとったり、ちゃんこ鍋のふるまいもあるそうです。自然大好きのワタシにも、和菓子大好きの子どもたちにも、とーってもイイ地元発見の機会になったと思います。(洋)


滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ