法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. イベント
  3. 戦国ロケット「流星」打ち上げ

戦国ロケット「流星」打ち上げせんごくろけっと「りゅうせい」うちあげ

最終更新日 : 2019年10月17日

「流星」は、米原市に伝わるロケット型ののろしで、地元の伝承では関ヶ原の戦いの際に西軍の石田三成公が使ったのろしが、その起源といわれています。長さ4~5メートル、総重量15キロほどのロケットを火薬の力で打ち上げます。点火された流星は200~300メートルくらいの上空まで上がると、先端に仕込まれた和傘が開き、ゆらゆらと舞い落ちてきます。
 「流星」は、縁起物として知られ、今回は 新元号「令和」を記念した4年ぶりの打ち上げとなります。

開催地 奥伊吹スキー場
アクセス
名神高速道路・米原ICから30分
名神高速道路・関ヶ原ICから30分
北陸自動車道・長浜ICから30分
駐車場
普通車 2700 台
その他
JR米原駅からの予約制の無料シャトルバスがあります。
予約連絡先:米原市商工会 TEL:0749-52-0632 受付時間:平日の8:30~17:15 
定員:50名 
料金 無料
お問い合わせ

米原市流星打ち上げ実行委員会(米原市商工会)

TEL : 0749-52-0632