長光寺 柴灯護摩・人形供養と曼荼羅展

しとうごま にんぎょうくようとまんだらてん

更新日
2021/09/08
開催期間
2021年11月28日(日) 13時~(護摩供養・お焚き上げ供養)
拝観時間は10時~16時

聖徳太子の妃が御難産の時、太子は佛の加護を諭され妃はひたすらに祈られると、佛の遣いが現れ無事安産されました。遣いが去った方角に八尺の香木と五色に輝く霊石を見つけられ、推古19年(611年)太子はこの香木で千手子安観世音菩薩を作られ本尊とし、お堂を建てられたのが始まりです。この香木が花ノ木です。
今回、此の香木の紅葉に合わせ護摩供養とマンダラ展を開催することになりました。この日限りの朱印もあります。是非御参拝下さい。
【人形供養】
お焚き上げの人形は当日午前中までにお届けください。(郵送も可)
*必要事項(住所、氏名、電話番号、人形の種類)を記入ください。
*供養料は、ミカン箱の大きさで3千円を目安とします。

11月28日(日)10時~16時
・仏画&曼荼羅展
・紫灯護摩(祈願護摩)・お焚きあげ供養   13時~
・当日限りの朱印あります。

その他
・駐車場は隣に臨時駐車場を併設しています。

ウェブサイト
開催地

長光寺(花の木寺)

住所 : 近江八幡市長光寺町694番地
アクセス
公共交通機関

近江鉄道/八日市線 「武佐」 下車 徒歩 10分

名神竜王ICより約15分

その他

参道に駐車スペース有り

料金

志納(但し、添護摩木、供養人形は別途費用)

お問い合わせ

長光寺

TEL
0748-37-7743
FAX
0748-37-7743