八幡まつり(近江八幡の火祭り) 

はちまんまつり

更新日
2021/04/09
開催期間
毎年4月14日、15日 14日奉火20:00〜(23時頃まで) ・ 15日15:30〜(19時頃まで) 太鼓宮入

2021年(令和3年)は、昨年同様、自粛して斎行となります。

1000年以上の歴史を誇り、八幡開町以前の旧村落(市井・北之荘・鷹飼・大林・中村・宇都呂・土田・多賀・船木・小船木・大房・南津田)で行われる祭で、毎年、4月14、15に日牟禮八幡宮に奉納されます。
14日の宵宮祭は松明祭とも呼ばれ、国の無形民俗文化財に選択されています。10m余の大松明をはじめとする合計30本以上の松明に火が付けられ、多数の仕掛け花火とともに春の夜空を焦がす様子は実に雄大です。
15日の本祭では、午後より各郷から宮入りをした大太鼓によって、渡御が行われます。太鼓の打ち方は各郷によって独特の伝承があり、宵宮太鼓・休み太鼓・シューシ太鼓・上り太鼓・御渡り太鼓など、それぞれに違っています。前日の雄大な松明祭に比べると、当日は壮厳な雰囲気が漂い、別名太鼓祭とも呼ばれています。

ウェブサイト
開催地

日牟禮八幡宮

住所 : 近江八幡市宮内町257
アクセス
公共交通機関

JR琵琶湖線 「近江八幡」 下車 バス 7分 大杉町

名神竜王ICから30分
観光駐車場(小幡・多賀)の2カ所あり

その他

バス下車後、徒歩5分

料金

無料

お問い合わせ

近江八幡駅北口観光案内所

TEL
0748-33-6061