法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. 観光モデルコース
  3. 陶都・信楽窯元と紫香楽宮跡コース

モデルコース

陶都・信楽窯元と紫香楽宮跡コース

日程
1日コース
エリア
甲賀エリア

愛らしいタヌキのお出迎えで始まる信楽散策。

1 信楽高原鐵道信楽駅

  • 約0.5km

2 窯元散策路

信楽駅前から続く古いたたずまいの路。登り窯や無造作に積まれた古い火鉢、「陶生町」「焼屋町」といった町名が、陶都信楽ならではの風情をかもし出しています。道路に埋め込まれた陶板や陶製の道標を楽しみながら、点在する工房をめぐれば、きっとお気に入りのうつわに出会えるはずです。

スポット詳細ページへ

  • 約2km
  • 自転車 30分

窯元散策路外周 約2km
《新宮神社~ろくろ坂~窯場坂~陶美通り》
坂道が多いので約30~40分

3 信楽伝統産業会館

 信楽町役場から北西に歩いたところに茶色の外観をした建物があります。会館の外壁ばかりでなく、内装の壁、面床に至るまで信楽焼の特製タイルがあしらわれています。遠く天平時代の焼物から近世のものまで年代別に信楽焼が集められ、展示され、一日で信楽焼の歴史がわかるほか、常時現代作品の展示を催しています。

スポット詳細ページへ

  • 約1.5km
  • 自転車 15分

4 滋賀県立陶芸の森

やきものの町・信楽にある「陶芸」をテーマにした緑豊かな文化公園です。中には陶芸専門の美術館「陶芸館」や、信楽焼のショップ&ギャラリー「信楽産業展示館」、また国内外のアーティストが滞在制作する「創作研修館」を備えています。広大な芝生の広場では、ご家族やペットと一緒にピクニックもお楽しみいただけます。そのほか園内には3mを超える大きな作品をはじめとした野外展示も多数存在し、「やきもの×アート×自然」を...

スポット詳細ページへ

  • 約2.2km
  • 自転車 15分

5 玉桂寺

 信楽高原鐵道(しがらきこうげんてつどう)玉桂寺前駅の南約100mにあります。寺地は、奈良時代末期に淳仁(じゅんにん)天皇が造営した離宮「保良宮(ほらのみや)」の跡で、空海がその遺跡に一堂を建立したのが開基と伝えられている真言宗の寺院。現在は、玉樹(ぎょくじゅ)本堂と山門などが残されているのみですが、俗に「弘法さま」と呼ばれて信仰を集めています。 国指定の重要文化財となっている木造阿弥陀如来立像が...

スポット詳細ページへ

  • 約4.8km
  • 自転車 40分

6 紫香楽宮跡(甲賀寺跡)

 信楽高原鐵道の紫香楽宮跡駅から北西へ約lkm、松林に覆われた丘陵地に残る、国指定の史跡です。 紫香楽宮跡は、奈良時代の天平14年(742)、現在の京都府木津川市(きづがわし)に恭仁宮(くにのみや)を造営中であった聖武(しょうむ)天皇が、恭仁宮から東北への道を開いてこの地に造営した離宮であり、たびたびの行幸の後、3年後に改めて首都と定められました。 緑の松林に囲まれた緩い坂の参道をたどると、金堂跡...

スポット詳細ページへ

  • 約6.2km
  • 自転車 50分

7 信楽高原鐡道信楽駅

戻る

コースマップ

走行距離 18.1km
その他 ■滋賀県立陶芸の森
陶芸の国際交流の場として、創作・研修・展示等の多様な機能を持つ公園「陶芸の森」。人と、モノと、情報が集う文化の森です。
営:9:30~17:00(ただし陶芸館、信楽産業展示館への入館は6:30まで)
休:月曜日(祝祭日の場合はその翌日)
料:信楽産業展示館は無料、陶芸館は有料
TEL:0748-83-0909
■ 紫香楽宮跡
聖武天皇が天平14年に離宮として建立。最盛期には東海 ・東山・北陸の三道25カ国の調庸が集まるほど栄華を誇ったこの離宮も、今では歴史の重みを漂わせながら、ひっそりとしたたたずまいをみせています。
TEL:0748-86-8026(甲賀市文化財保護課)

別のエリアのコースを調べる