法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. 観光モデルコース
  3. 東海道と中山道が出会う 宿場町「草津」を歩く

モデルコース

東海道と中山道が出会う 宿場町「草津」を歩く

日程
半日コース
エリア
湖南エリア

草津ぶらり見て歩き

1 JR草津駅

  • 0.3km
  • 徒歩 3分

2 大路井道標

  • 0.2km
  • 徒歩 2分

3 追分道標

 草津には、東海道・中山道を往来する旅人の道しるべとして親しまれた道標が数多く残っています。江戸寄りの入口、草津川堤防上にある火袋つきの石造道標(1816)、東海道と中山道の分岐点にある火袋つきの石造道標(1816)、東海道と矢橋道の分岐点にある石造道標(1798)、立木神社境内にある道標(1680)などがそうです。 中でも、東海道と中山道との分岐点に立つ道標は、京都・大阪・尾張(おわり)・美濃(...

スポット詳細ページへ

  • 0.1km
  • 徒歩 1分

4 草津宿本陣

 JR草津駅の南約500m。周囲には高塀や藪をめぐらし、国の史跡に指定されています。 本陣とは大名公家など貴人の宿泊所のことで、東海道・中山道の分岐点で交通の要衝であった草津には2軒ありました。現在、1軒が残っており、別名「木屋本陣(きやほんじん)」と呼ばれています。 寛永(かんえい)12年(1635)に創建されましたが後に焼失し、膳所(ぜぜ)藩主本多家(ほんだけ)の「瓦ヶ浜(かわらがはま)御殿」...

スポット詳細ページへ

  • 0.1km
  • 徒歩 1分

5 観光物産館「脇本陣」

  • 0.3km
  • 徒歩 3分

6 草津宿街道交流館

 1階は、無料情報検索コーナーで、2階は、有料の展示室になっています。 2階の展示室では、江戸時代の草津宿を再現した200分の1の模型を始め、道中着の半合羽、薬入れ、胴巻き財布など旅道具を紹介しています。 「旅体験コーナー」では、訪れた人たちが、実際に道中着を身に付けたり駕籠をかついで江戸時代の旅を体験できます。

スポット詳細ページへ

  • 0.1km
  • 徒歩 1分

7 常善寺

 JR草津駅の南西約800m奈良時代に良弁(ろうべん)(687-773)によって創建されたと伝えられる浄土宗の寺。 本尊の阿弥陀如来像と脇侍(わきじ)の3躯が重要文化財に指定されています。中尊台座蓮弁(ちゅうそんだいざれんべん)や観音像台座の下框(したかまち)の桟に康元(こうげん)元年(1256)、健長(けんちょう)5年(1253)の墨書きがあり、これら3躯は建長5年から康元元年にわたって造像され...

スポット詳細ページへ

  • 0.1km
  • 徒歩 1分

8 道灌蔵

江戸城築城の祖として、文武両道に優れた武将名高い太田道灌を祖先に持つ太田家は、東海道五十三次の宿場の中でも大宿であり、また水陸交通の要所でもあった草津において、海道の動静を見守る関守を務め草津行政の中心となっていました。 太田家が酒造りを始めたのは廃藩後のこと。当時所領としていた100余町歩の田畑から収められる良質の近江米を有効活用するため酒造りを始めたといわれています。以後酒造りを生業として発展...

スポット詳細ページへ

  • 0.3km
  • 徒歩 3分

9 立木神社

【立木神社】1200余年の歴史を有する、滋賀県隋一の古社。旧東海道に面して鎮座し、古くより交通安全厄除けの神社として信仰を集めている。境内には延宝8(1680)年11月建立の銘がある県内で最も古い石造りの旧追分道標が立つ。県指定自然記念物である神木のウラジロガシは推定樹齢400年の巨木である。厄除開運、交通安全、家内安全、商売繁盛、安産祈願、初宮詣り等諸祈祷は事前予約要。また地鎮祭等の外祭諸祈願も...

スポット詳細ページへ

  • 0.5km
  • 徒歩 5分

10 矢倉道標(姥が餅屋跡)

東海道と矢橋街道の分岐点にあたる、かつて「姥ケ餅屋」があった場所の北の軒先に寛政10年(1798)に建てられた一基の石造道標があります。これは、東海道を道ゆく旅人を矢橋の渡し場へと道案内するものでした。この道標は、歌川広重の描く浮世絵をはじめ、「東海道名所図会」や「伊勢参宮名所図会」などに紹介された「姥ケ餅屋」の軒先にも描かれています。江戸時代にここにあった「姥ケ餅屋」も明治になって移転しましたが...

スポット詳細ページへ

  • 1.5km
  • 徒歩 15分

11 JR南草津駅

戻る

コースマップ

別のエリアのコースを調べる