法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. 観光モデルコース
  3. 湖西の風を感じて琵琶湖岸を走ろう

モデルコース

湖西の風を感じて琵琶湖岸を走ろう

日程
1日コース
エリア
湖西エリア

1 近江今津駅

  • 約0.17km
  • 自転車 1分

2 琵琶湖周航の歌資料館

「♪われ〜は湖の子〜」と琵琶湖の叙情的な周航を歌い上げた「琵琶湖周航の歌」は今津町で誕生しました。資料館では、歌のできた経緯や作者の紹介などの資料を展示しているほか、多数の歌手、演奏家による「琵琶湖周湖の歌」を気軽に聴くことができます。

スポット詳細ページへ

  • 約0.1km
  • 自転車 1分

3 今津港

 竹生島の宝厳寺への玄関口としてにぎわっています。西国(さいごく)三十三か所第30番札所竹生島の宝厳寺(ほうごんじ)への玄関口としてにぎわっています。 毎年3月中旬から11月末日まはでの8ヵ月半の間、竹生島との間に定期観光船が運行されます。

スポット詳細ページへ

  • 約4.5km
  • 自転車 25分

4 湖岸の風景(新旭)

春を告げるのうるしの花の群生、湖岸に続く桜並木が見られます。また、県内でも珍しくなったヨシ原があります。ヨシは、水の浄化に役立つだけでなく、ひと昔前は葦簀やヨシ葺きの屋根の材料として使われるなど人々の生活にかかせない植物でした。初夏の芽吹き、初冬の刈り取りやヨシ焼きは琵琶湖の風物詩です。

スポット詳細ページへ

  • 約2.2km
  • 自転車 15分

5 道の駅しんあさひ風車村

駐車場、トイレのみの道の駅です。高島市新旭エリアの湖周道路(県道333号線)沿いに位置するので、びわ湖岸ドライブ時にもぜひご利用ください。また、2018年7月25日に、道の駅しんあさひ風車村の北側エリアに新しくグランピング施設「STAGEX高島」がオープンしました。滞在型の宿泊施設(グランピング施設)としてご利用いただけるとともに、サイクルカフェも併設しているのでビワイチの中継ポイントとしてもご利...

スポット詳細ページへ

  • 約4km
  • 自転車 25分

6 船木港桟橋跡(安曇川)

安曇川は、わが町名にもなっていて町の北辺を西北から琵琶湖に流れ、流長五七・九キロ、流域面積四一八・九平方キロにおよぶ県下大ニの大河である。安曇川は広大な農地を潤し、無限の地下水となり流域住民の命の母である。

スポット詳細ページへ

  • 約6.2km
  • 自転車 35分

7 たかしまびれっじ(高島)

いにしえの風情ただよう旧城下町、高島市勝野。陣屋の惣門や武家屋敷が今なお残っています。築150年の旧商家を商工会の有志が手づくりで改修し「びれっじ」として再生しました。現在は1号館から8号館まで整備されています。高島(勝野)の旧城下町を散策したら、工房で染色やキャンドルの手づくり体験を楽しんだり、美味しい食事処でひと休み・・・。びれっじ界隈で、ゆったりとしたひとときを過ごしてみませんか。びれっじ1...

スポット詳細ページへ

  • 約0.5km
  • 自転車 2分

8 近江高島駅

戻る

コースマップ

走行距離 17.67km
その他 【琵琶湖周航の歌資料館】
※見学時間、休憩時間は含まれません。「われは湖の子・・・」で知られる琵琶湖周航の歌。作詞者小口太郎をはじめ、
歌にまつわる資料が展示され、館内では多くの演奏家による曲が聴けます。
【今津港】
琵琶湖を望む今津港に、今津町の地形をかたどった琵琶湖周航の歌の歌碑が
あります。赤御影石で作られた歌碑には1番から6番までが刻まれています。
【湖岸の風景(新旭)】
湖周道路沿いに654本の桜の木があり、ノウルシやヨシ原が新芽を出し始める春。少し寄り道して、水辺を歩くと違った風景に出会えますよ。
【道の駅しんあさひ風車村】
のどかなオランダの田園をイメージした風車村。隣接する菖蒲園では5月中旬から下旬にかけてルピナスが、6月上旬から下旬にかけて花菖蒲が見頃です。
【船木港桟橋跡(安曇川)】
南船木地先の湖に朽ちた数十本の太い杭が突き出ているのが船木港桟橋の橋脚杭です。
明治41年に長さ43mの桟橋を架設。湖西住民の交通拠点の一つだった船木港も
江若鉄道の開通により昭和24年ごろ役目を終えました。
【たかしまびれっじ(高島)】
旧商家を改修し、「びれっじ」として再生しました。1号館から8号館まであります。

別のエリアのコースを調べる