和菓子の新商品を味わおう『あも歌留多(かるた)』~和菓子店「叶 匠壽庵」~

大津市の老舗和菓子店から新商品『あも歌留多(かるた)』が登場!


滋賀の観光を楽しむ情報はこちらから↓

滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

観光パンフレット ダウンロード

近江神宮

過去の関連記事 【かるたの聖地】近江神宮や近江勧学館、逢坂の関と美味しいスポットをご案内


今回は、和菓子店「叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)」の新商品をご紹介します。

あもかるた1

あもかるた5

粒あんとお餅の定番菓子「あも」を、かるたの絵札を描いた最中種で挟んでいます。鮮やかな色合いがひときわ目を引きます。

「あも」は、1971年に誕生し、粒あんの中にお餅が入ったシンプルな和菓子です。和菓子職人が粒をつぶさぬよう丹精して炊き上げた小豆を使った棹菓子で、年間122万本が販売される人気商品です。

s-18あもヨコ.jpg

その「あも」の新しい食べ方として考えられたのが「あも歌留多」です。最中種のパリっとした食感の香ばしさと、甘さ抑え目のあんこが一緒になった絶妙な味わいの一品です。

s-あも歌留多(低.jpg

あもかるた2

近江神宮

絵柄は、かるたの聖地と言われる大津市の近江神宮と縁が深い高松宮家から譲り受けた小倉百人一首の絵札を表しています。

フードプリンターで鮮明に描かれた札は、少し小ぶりの本物のようです。

あもかるた4

この「あも歌留多」は、地元の商品を通して大津を紹介しようと作られました。現在は、近江にゆかりのある札だけですが、今後100種類の絵柄ができるそうです。皆さんのお気に入りの一首が見つかるかもしれませんね。

「あも歌留多」は滋賀県大津市の寿長生の郷の他、それぞれの店舗で11月1日(金)から販売されます。

さて、その寿長生の郷では、11月2日(土)から24日(日)まで「秋の栗まつり2019」が行われます。

叶匠寿庵1

栗まつりパンフレット

栗まつりの期間中限定の「栗パフェ」や「和菓子づくり教室」寿長生の郷の梅林で作られた梅酒の販売など、里山を満喫できる3週間です。もちろん「あも歌留多」もありますよ!

所在地 滋賀県大津市大石龍門四丁目2-1
営業時間

水曜定休(秋の栗まつり期間は無休)

10:00から17:00(各施設により異なる)

ホームページ http://www.sunainosato.com/
お問い合わせ

寿長生の郷

TEL:077-546-3131


滋賀の観光を楽しむ情報はこちらから↓

滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

観光パンフレット ダウンロード

近江神宮

過去の関連記事 【かるたの聖地】近江神宮や近江勧学館、逢坂の関と美味しいスポットをご案内