タグ「ひこにゃん」が付けられているもの

ひこにゃんと一緒に食べ歩き!
彦根スイーツ&グルメ【 おススメ12選 】ひこにゃんの出陣もご紹介!

今回はひこにゃん(ぬいぐるみ)と一緒に彦根エリアのスイーツ&グルメをご紹介します。
見た目も可愛いスイーツや、旬の素材をつかったものを厳選しています。
きっとあなたのお気に入りの一品が見つかるはずです!

5829690D-5CCD-432A-BDE8-76C2FAF5C1.jpg

「ひこにゃん」とは

彦根藩二代当主である井伊直孝公をお寺の門前で手招きして雷雨から救ったと伝えられる『招き猫』と、井伊軍団のシンボルとも言える赤備え(戦国時代の軍団編成の一種で、あらゆる武具を朱塗りにした部隊編成のこと)の兜(かぶと)を合体させて生まれたキャラクター。

愛称の「ひこにゃん」は、全国よりお寄せいただいた1167点のなかから決定したそうです。
また、巷ではひそかに「モチ」という愛称も...


彦根観光の情報↓

彦根市 - 観光スポット【検索】

紅葉下見・彦根へゆく!【彦根城・玄宮園】お勧め撮影スポットをご紹介

錦秋の玄宮園ライトアップ
 2019年11月16日(土)~12月1日(日) 18:00~21:00


どら焼き虎てつ

【 1 】ひこどら

どら焼き虎てつ の和菓子は保存料を使わず手造りにこだわり、材料には北海道産の小豆や、滋賀の米粉と餅粉、沖縄の雪塩など厳選素材を使用しています。

自家製小倉あん、生地にはハチミツをたっぷり加えて、しっとりもっちりとした食感!
大人気「ひこにゃん」の焼印入り、見た目可愛いどら焼きです。

DSC0763522.jpg

「ひこにゃん」の絵柄は4種類、どれにしようか迷ってしまいます......

DSC07643.jpg

「ひこどら」を含めたその他のどら焼きはひとつひとつ手焼き。
挟み込む小豆あんの炊き上げや、自家製の生クリームなども職人の方が丁寧につくられています。

また、生地に使われている米粉「近江米ゆめおうみ」は香りが良いのが特徴的です。

「近江米ゆめおうみ」は化学合成農薬および化学肥料の使用量を50%以下に削減した農産物として琵琶湖をはじめとする環境への負荷を削減する滋賀県が認証したお米です。

DSC07209.jpg

DSC07213.jpg

 


【 2 】もんぶらん(秋限定)

秋限定商品「もんぶらん」は11月~12月中旬頃まで販売を予定しています。

ふわふわの生地に生クリームと栗の甘露煮をゴロゴロ挟んだ和風モンブラン。
マロンクリームと栗あんをたっぷり重ね、黒豆をトッピングしています。

写真のロングサイズ(要予約)と通常サイズ(ハーフサイズ)があります。

DSC07207.jpg


とらろおる

虎模様の生地で巻いたロールケーキです。
小倉あんと、ほど良い甘さの生クリームはベストマッチ!

DSC07233.jpg




【 3 】生どら マロンホイップ(秋限定)

ハチミツたっぷりのふんわり生地に、栗の香るなめらかホイップがたっぷりと挟まれています。
秋だけのまろやかな味わいの生どらです。

季節の限定商品は数に限りがあります。

DC07232.jpg

随時、季節限定の商品が登場するので何度もリピートしたくなるお店です。

最近ではたっぷりの黒ごまを加えた風味豊かなどら焼き「黒ごまどら」が新登場!

DSC07223.jpg

DSC07238.jpg

所在地

滋賀県彦根市立花町1-2

WEBサイト

https://www.biwako-visitors.jp/eemon/souvenir/detail/25

お問い合わせ

どら焼き 虎てつ
TEL:0749-26-3838


   





いと重菓舗

【 4 】戦国どら焼き

いと重菓舗 は創業文化6年(1809 年)の老舗和菓子屋です。


2019年10月末から滋賀県では観光キャンペーン『戦国ワンダーランド 滋賀・びわ湖』を開催中!

詳細はこちら↓
https://sengoku.biwako-visitors.jp/

キャンペーンに合わせて、武将の焼き印が入ったどら焼きを12月上旬から限定販売されます!

DSC07288.jpg

ひこにゃんも甘さ控えめのどら焼きにご満悦。
もう1つおかわり!!

DSC07309.jpg




【 5 】アイスどら焼き

社長自ら企画して作られたという「アイスどら焼き」
味は抹茶彦根梨の2種類。

彦根梨味は...

濃厚なミルクアイスに 彦根梨 がゴロっと入っていて今までに食べたことのない新食感のどら焼きです。
これから寒くなってくる季節に濃厚なミルク味がピッタリ!
おススメの食べ歩きスイーツです。


SC07291.jpg




【 6 】チョコ餡ダクワーズ「茶あわせ」

抹茶味のチョコレート餡を用いたさっくりふんわりの抹茶ダクワーズです。
「洋」と「和」を調和させるスイーツ!
紅茶にも、日本茶にもよく合います。

※いと重本店のみの販売です

DSC07283.jpg




【 7 】和こん(レアチーズケーキ)

濃厚なレアチーズケーキに、4日間 丁寧に炊き上げられた大納言小豆が散りばめられています
しっかりと炊かれた大納言小豆はひと粒ひと粒が大きく、豆の味をしっかり味わうことができます。

商品は冷凍販売されています。
解凍直後は贅沢なアイスのようで、とっても口どけが良いです。
濃厚なチーズの味もしっかりと味わっていただけます。

おススメの食べ方は...

冷蔵庫で3時間くらい解凍した後に食べると、ケーキのふんわりした食感を味わうことが出来ます。

※いと重本店のみの販売です

0731577.jpg

ひこにゃんの絵柄が入った干菓子もありました。
彦根のお土産として喜んでもらえそうです。

DSC07.jpg

天井が高く、開放感たっぷりなのでゆっくりと買い物をすることが出来ました。

DSC07272.jpg

いと重菓舗 の社長藤田さんにお話伺いました。

DSC07262.jpg

和菓子は「五感で楽しむもの」と言われています。
口に入れたときの 味覚・嗅覚・触覚 に加え、優雅で美味しそうな見た目、ひとつひとつの和菓子につけられている名前や、そこに込められた歴史や文化の背景も含めて目でも耳でも味わっていただきたいという思いです。

和菓子店として、御菓子の美味しさや美しさを通じて、滋賀県彦根の魅力もお届けできるようなおもてなしをしたいと考えております。
彦根にお寄りの際にはぜひお立ち寄りください。

DSC07301.jpg

所在地

彦根市本町1丁目3-37

WEBサイト

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/1845

お問い合わせ

有限会社いと重菓舗

TEL:0749-22-6003
FAX:0749-26-2645


   



彦根観光には必須イベント!

◆ ひこにゃんの出陣 をご紹介 ◆

13:00~13:30 四番町スクエア に出陣する ひこにゃん に会いに行ってきました。
『戦国ワンダーランド 滋賀・びわ湖』が開催中ということもあって、陣羽織を羽織った貴重な ひこにゃん に会えました。

DSC07325.jpg

ひこにゃん にご対面!!
気付いてくれたのかな?!こっちを向いてくれました。

DSC07341.jpg

撮影したいファンのために一流モデルのようにたくさんのポーズを決めてくれました。
一つ一つの動きが可愛くて、また会いに来たくなりました!さすがです。

DSC07352.jpg

陣羽織 がよく似合っていました。

DSC07344.jpg


引き続き、彦根スイーツ&グルメ【 おススメ12選 】に戻ります。

千成亭 夢京橋店

【 8 】牛丼専科 牛丼

千成亭では創業以来、近江牛肉の中でも味・柔らかさ・風味の三拍子揃った牝牛のみを取扱っておられます。
夢京橋店 では近江牛などの販売とは別に、気軽に近江牛が食べられる「牛丼専科」も営業されています。

滋賀と言ったらやはり近江牛
ご当地の美味しいものは食べておきたいですよね。
比較的リーズナブルに食べることが出来るのでおススメです。


DSC0756000.jpg

味付けは煮込んだタマネギの甘味と近江牛の持ち味が生かされています。
お肉の中までしっかりと味が染み込んでいて、ご飯とよく合います。

すこし懐かしさを感じる味付けでした。

DSC07504.jpg

DSC07503.jpg

夢京橋店 店長田中さんにお話伺いました。

千成亭 秘蔵のタレは、まろやかなコクと旨みを追求したものです。
甘辛くなり過ぎることなく仕上げているので、女性でも食べやすいと思います。

ガッツリ食べたい人には 焼き肉丼 がおススメです。
少し厚めの牛肉を焼いて作るため、香ばしさがプラスされています。
牛丼とは違った食感を楽しんで頂けます。

DSC07555.jpg

夢京橋店 ではテイクアウトできるお弁当や、お惣菜も充実しています。
「赤鬼牛丼」ネーミングからも辛さが伝わります!

DSC07505.jpg

近江牛をお手軽価格で食べられる「近江牛カルビ重」も販売していました。

DSC07516.jpg



【 9 】近江牛プレミアムコロッケ

店舗の端にテイクアウトコーナーがあり、こちらでは近江牛コロッケメンチカツを販売してます。

通常の近江牛コロッケが100円に対して プレミアムコロッケ は250円(価格は税別表記です)
中に入っている近江牛の量が違うとのこと、お肉の味を満喫したい方には プレミアムコロッケ がおススメです!

一口かじるとサクッと軽く、揚げたてのジャガイモはホクホクしています。
寒くなってきたこれからの季節、熱々のコロッケの美味しい季節ですね!

DSC07501.jpg

DSC07576.jpg



【 10 】近江牛ミンチカツ

サクサクッとした衣の中からはジュワッと肉汁が流れ出てきます。
かなりジューシーなのでお肉を食べてる!と実感することが出来ます。

プレミアムコロッケ 近江牛ミンチカツ もそうですが、ソースなしで食べても充分美味しいです!

DSC07525.jpg

DSC07582.jpg

夢京橋キャッスルロードの景色を見ながら、店舗前のベンチに座っていただきました。

DSC07495.jpg


 

「おにくじ」

おみくじならぬ「おにくじ」には大吉などの運勢のほかに、おススメのお肉の部位が記されているとの事です。
珍しいので是非旅の思い出に試してください。

DSC07499.jpg

所在地

彦根市本町1-1-26(彦根GYUSEUM 1階)

アクセス

公共交通機関

JR琵琶湖線 「彦根駅」 下車 徒歩 20分

駐車場

普通車 10 台

営業時間

10時 00 分~ 19時 00 分

定休日など

水曜日

ホームページ

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/12347

お問い合わせ

千成亭

TEL:0749-22-1808
FAX:0749-22-1873


   


ジェラテリア アズーロ

【 11 】ジェラート

ジェラテリア アズーロ はアジア人初世界ジェラート大使で世界チャンピオンの柴野大造氏が創るジェラート屋さんです。
ジェラート職人が旬の食材を使って、全3000種類以上あるといわれるジェラートから15種類〜18種類を日替わりで提供されています。
滋賀特産のジェラート をはじめ世界大会で入賞した味を手軽に食べることが出来ます!

DSC07435.jpg

種類が多いので迷ってしまいます。
『旬』のおススメをスタッフの方に聞いてみました!!

DSC07423.jpg

『旬』のおススメ 3点 をご紹介!

◆ マロングラッセ

栗特有の渋みと、強い甘みを兼ねそろえた贅沢でちょっと大人な味。
ケーキの「モンブラン」を冷たくして食べているように感じます、完成度が高いです。

◆ 鹿深メロン

メロンそのもののを ギュッ と閉じ込めた、贅沢なジェラート。
口当たりさっぱりで、独特のさわやかな香りがたまりません。

DSC07481.jpg

DSC07429.jpg

◆ グランピスタチオ

濃厚さの限界を追求したような贅沢な味です。
クリーミーな味わいでピスタチオの風味をしっかり感じることが出来ます。
ピスタチオ好きにはたまりません!

pisu01.jpg

ジェラテリア アズーロ 店長酒井さんにお話伺いました。

メニューの中には近江米や、近江茶、鮒ずしをはじめとする滋賀県の特産品を使ったジェラートがあります。
日替わりなので毎日通っていただいても、お楽しみいただけます。

世界一のジェラートで滋賀の特産品味めぐりしに、是非一度お店にいらしてください!

DSC07445.jpg




【 12 】世界一の焼きたてアップルパイ

美味しいアップルパイが食べたい......という方におススメ!
10年に一度開催される「世界パスタコンクール」で3大会連続優勝するなど、数々の大会やコンクールで優勝経験のある世界の巨匠マルコ・パオロ・モリナーリ氏が手掛けたアップルパイです。

DSC07420.jpg

香ばしいサクサクした生地の中に、大きなリンゴと豆乳チーズクリームが挟まれています。
リンゴはとってもジューシーで甘さ控えめ!
いくらでも食べることが出来そうなあっさりとした味わいです。

クロワッサン.jpg

バターの香りとしっとりとした生地の クロワッサン もあります。
まさに
フランスの味です。

ジェラテリア アズーロの2階にあるのが...

JAZZ喫茶チャップリ

DSC07398.jpg

昭和の雰囲気をそのままにJAZZが流れる静かな空間です。

※アズーロや銀座商店街で購入した商品は持ち込みOK
(ドリンクのみ、アズーロ以外で購入したものは不可)

DSC07375.jpg

DSC07405.jpg

挽きたてのコーヒーと焼きたてアップルパイで身も心もほっと一息つきました。

DSC07494.jpg

所在地

滋賀県彦根市銀座町4-27

WEBサイト

http://www.azzurro.jp.net

お問い合わせ

ジェラテリア アズーロ

TEL:0749-23-7665


 




和菓子の老舗や、滋賀県を代表する近江牛のお店など 彦根にはグルメスポットが盛り沢山です。

そしてご当地キャラ ひこにゃん は彦根観光には欠かせません!

滋賀ならではの味覚を楽しんで、ゆっくり街歩きをしに是非来てください。


滋賀の観光を楽しむ情報はこちらから↓

滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

観光パンフレット ダウンロード

観光スポット【検索】

紅葉カレンダー

滋賀県のマンホールカードは8種類

~ひこにゃん、おおつ光ルくん、草津宿など~

淡海環境プラザ

マンホールカード8種類

 下水道の広報を目的 とする団体「下水道広報プラットホーム」と全国の自治体が共同で制作している「マンホールカード」は、滋賀県では8種類のマンホールカードがあり、各地で配られています。今回は、その8種類のマンホールカードのうち、今年(2019年)の1月から3月にかけて、最もたくさんの枚数が配られたカードのランキングを発表します!!

◆ 1 位 ◆

第1位は、新しく配布が始まった草津市のマンホールカード!!

草津市のマンホールカード.JPG

草津市マンホール現地

草津市マンホール現地写真2

草津市のマンホールカードは、東海道にちなんだ2種類の絵柄があり、こちらのカードは2018年12月から配布されています。絵柄は、東海道と中山道の分岐に建てられた草津市指定文化財の追分道標で、かつて東海道・中山道を往来する旅人の道しるべとし親しまれ、人々の寄進によって建てられたと伝えられています。新しいカードとあって、2019年1月から3月の3か月間で1605枚が配布されました。配布している「くさつ夢本陣」の方に聞きますと、カードをもらいに来られるのは県外からの方が多く、東京、愛知、鳥取、遠くは九州からも来られていたとのことです。

●設置場所:草津宿本陣通り
●配布場所:くさつ夢本陣(草津市草津二丁目10番21号)
●アクセス:JR「草津駅」東口より徒歩約12分
●配布時間:9:30~18:00
●休館日:年末年始(12月29日~1月3日)
●問合せ先:くさつ夢本陣 TEL 077-563-3700

◆ 2 位 ◆

第2位は、不動の人気「ひこにゃん」!!

ひこにゃんマンホールカード

彦根市マンホール現地写真

彦根市マンホール現地写真2

彦根市のマンホールカードは2種類あり、そのうちの1つは、国宝・彦根城築城400年祭を記念して誕生した、彦根市のキャラクター「ひこにゃん」が中央に大きく描かれています。背景には彦根市の花「はなしょうぶ」があしらわれています。2019年1月から3月の3か月間で1372枚が配布されました。観光客にも人気で、一時在庫がなくなるほどでした。配布場所は、ひこね食賓館四番町ダイニングです。
本物のひこにゃんは、彦根城天守前や、配布場所の四番町スクエアなどに毎日出陣し、愛らしい姿を披露していますよ!
※ひこにゃんの出陣スケジュールついては公式サイトをご覧ください(https://hikone-hikonyan.jp/)

●設置場所:JR彦根駅前西口広場など市内2箇所
●配布場所:ひこね食賓館四番町ダイニング(彦根市本町1-7-34)
●アクセス:JR「彦根駅」より徒歩約25分
●配布時間:10:00~19:00(但し、12月・1月・2月は10:00~18:00)
●問合せ先:彦根市下水道建設課 TEL 0749-22-5458

◆ 3 位 ◆

第3位は「江州音頭(ごうしゅうおんど)」がモチーフの豊郷町のマンホールカード!

豊郷町マンホールカード

絵柄を拡大してよ~く見てみてください!!黄色で描かれた踊り手が分かりますか!?

豊郷町は、滋賀県に伝わる「江州音頭」(ごうしゅうおんど)の発祥地で、江州音頭を踊る人と提灯、そして町の花であるツツジをモチーフにしています。2018年12月に新しく配布が始まったカードで、2019年1月から3月の3か月間で1009枚が訪れた人の手に渡りました。配布場所の豊郷町観光協会がある豊郷小学校旧校舎群は、昭和12年に近江商人、商社「丸紅」の専務であった古川鉄治郎氏によって寄贈された、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏設計の建物です。当時は、「東洋一の小学校」といわれ、平成25年には国の登録有形文化財に登録されました。

豊郷小学校旧校舎群.jpg

●配布場所:豊郷町観光協会(豊郷町石畑518 豊郷小学校旧校舎群酬徳記念館内)
●アクセス:近江鉄道「豊郷駅」より徒歩約10分
●配布時間:9:00~17:00
●休業日:年末年始(12月29日~1月3日)
●問合せ先:豊郷町役場産業振興課TEL0749-35-8114

いかがでしたか??そのほかにも、滋賀県にはあと5種類のマンホールカードがあります。また、まだカードにはなっていない素敵な柄のマンホールがたくさんあります。

草津市環境プラザ

こちらも参考にしてみて下さい!!

↓↓

https://www.biwako-visitors.jp/uploads/doc/topics/9d222882b7caabab6ba73d69aaf1b2f2.pdf

滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

0hknj0318.png

3月18日、全国で5つしかない国宝の天守閣をもつ彦根城の築城410年祭がいよいよスタート!ようやくの春を予感させる柔らかな陽差しのもと、彦根城博物館の能舞台で行われた開幕式典にお邪魔してきました!

1hknj0318.png

大河ドラマで人気の「おんな城主・直虎」が育てた井伊直政が、関ケ原の戦いの功で彦根に18万石を与えられて入国、彦根城を築城したのは二代直継の時代でした。彦根城への入口表門橋では、赤備えの武将隊がお出迎え。410年祭のサインが雰囲気を盛り上げています。

2hknj0318.png

ちょうど10年前、築城400年祭のときに生まれたのが、ご存知ひこにゃん。
式典では、彦根お城大使のお二人とともに、直虎ゆかりの浜松から応援に駆けつけてくれた次郎法師(直虎)と家康くんも参加して、元気一杯開会宣言です!

3hknj0318.png

天守閣前には、ひこにゃんはじめ、初代藩主井伊直政、幕末の大老井伊直弼はじめ、キャラクターたちが勢ぞろい。お城では毎日ひこにゃんに出会えます!
ひこにゃんの登場時間はコチラ

4hknj0318.png

表門橋の向いにある馬屋前では、彦根ええもん物産館もオープン!彦根のええもん、うまいもんはじめ、ひこにゃんグッズも勢ぞろい!

5hknj0318.png

同じ並びの開国記念館では、「大河ドラマに見る井伊家」、天守の奥、西の丸三重櫓では、「VRによる城下町彦根シアター」など、このさい見ておきたいワクワクアトラクションも目白押し!
国宝・彦根城築城410年祭は12月10日までのロングラン開催!この機会にぜひ彦根へ遊びに来てください!

国宝・彦根城築城410年祭

彦根城


滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ