「ここ滋賀SHIGA」ここしがしがって?

「ここ滋賀SHIGA」ここしがしがって?

信楽たぬき

「ここ滋賀SHIGA」は、東京日本橋にある情報発信拠点「ここ滋賀」の地域版として登録された第一号店です。
滋賀県大津市のナカマチ商店街の一角に、去年秋にオープンしました。信楽焼をはじめとする伝統工芸品や、雑貨、お菓子などワクワクする商品がたくさんあります。
DSC_0634 1.JPG
1/6ファブリック
DSC_0638 1.JPG
長浜ちりめんで作ったカードケースや小物入れはパステルカラーが素敵な一品で、ちりめん独特の心地よい肌触りも特徴です。
どの柄にしようか迷ってしまいますね。
1/6ファブリック
こちらは、滋賀県で作られた織物の手ぬぐいです。
  • 白色→湖東地域で織られた麻の手ぬぐい
  • 紺色→高島市で織られた綿の手ぬぐい
手裏剣の柄は、もちろん甲賀忍者(こうかにんじゃ)をイメージしたものです。手裏剣も色とりどりでとってもかわいい!

◇信楽焼 たぬき

そして滋賀県の代表的な焼き物の一つ、信楽焼といえば「たぬき」!ですよね。このショップでは、人目をひくたぬきが並んでいます。
DSC_0604.JPG
信楽焼
信楽焼

作家さんが作るたぬきは、どれも表情や体形が違っています。見ているだけで癒される置物です。

◇工芸品の数々

工芸品では、他に、伝統の木地師の技を生かした木工品や、琵琶湖でとれた真珠を使ったアクセサリーもあります。

DSC_0605.JPG

びわ湖真珠

びわ湖真珠2

◇イチオシの食べ物

DSC_0621.JPG

お菓子などの食料品も人気です。一番人気はこちら!「堅ボーロ」です。小麦粉やショウガ、砂糖など自然のものを使った昔ながらのお菓子です。硬くて口の中で溶けていく感じがなんとも懐かしいです。まとめ買いされるお客さんも多いそうです。

DSC_0655 1.JPG

店員さんのオススメで私が食べたのは「長濱源八ラスク」です。長浜市のパン屋「ポム・ド・テール」がフランスパンから手作りしているラスクです。フランスパンの味がしっかり感じられ、サクサクしてとってもおいしかったです。

DSC_0674 1.JPG

DSC_0682 1.JPG

その他にもパッケージがかわいいお菓子などの食料品は、お土産にしても喜ばれそうです。

ラスク

抹茶ラテ

たぬき味噌

滋賀県でこんにゃくといえば「赤こんにゃく」です。赤い色は三二酸化鉄の色で、ピリ辛ではありません!
食べ方は普通のこんにゃくと同じように、おでんやすき焼きに入れて食べます。味が染みこんでおいしいですよ。

赤こんにゃく

◇売れ筋はこちら

さて、最近の売れ筋はマスクです。守山市にあるふくさ屋さんが作る立体型のマスクで、肌触りの良いポリエステルのメッシュ素材を使い、手洗いで繰り返し使うことができます。
しっかりとした縫製も自慢の一つです。

マスク

その他、コクヨグループの株式会社コクヨ工業滋賀が手掛ける滋賀をテーマにした文具「びわこ文具」もあります。
飛び出し坊やグッズは、子供から大人まで人気です。

DSC_0646 1.JPG

DSC_0647 1.JPG

ここに行けば、滋賀のお気に入りがきっと見つかるはず!ワクワクするような出会いを探してみて下さい!

外観

ここ滋賀SHIGA
https://cocoshiga-shiga.business.site/

〒520-0043 滋賀県大津市中央1-2-31
℡077-507-3777


公式SNSはこちら!旬の情報が見られます!
滋賀・びわ湖公式Twitter
滋賀・びわ湖公式Instagram
滋賀・びわ湖公式Facebook