広報スタッフがゆく! 紅葉シーズンに向けて、下見第1弾!

彦根の紅葉スポット

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋...
色々な秋の楽しみ方がありますが、 身近な秋を
探しに行きませんか。
紅葉が見頃になるまで、滋賀県のおすすめ場所へ
下見に行き、現在(2018年9月3日)と紅葉の写真を合わせて紹介していきます!
(紅葉の写真は過去に撮影したものになります)

今回は一年を通して人気の彦根を特集、
メインは国宝5城の一つ【彦根城】はもちろん、
城をとりまく施設や 国名勝【玄宮園】にも注目しました。

彦根城は城の美しさとマッチして四季折々の風景が楽しめます。
正門から天守までの坂道が結構長く、大変ですが
登った後の天守からの琵琶湖の眺望は最高です。

まず1枚、立派な楓が見えてきました。
色づく頃が楽しみです。

彦根城 紅葉

お勧め撮影スポット 1

瑞々しい緑の楓と華麗な佇まいの天守。
季節で変わる葉の色によって、お城の表情が変わりますね。

彦根城 紅葉

彦根城の西の丸からの一枚。
9月初旬の台風の被害で、現在(2018年9月3日)通行止めになって見ることが出来ないのですが、
お城の西の丸には、楓のカーテンが広がっています。

彦根城 裏 青紅葉 現在通行止め

彦根城 琵琶湖 一望

城内は勾配の急な階段が多く、体力は必要ですが、琵琶湖や旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)等が見えます。
天気にもよりますが、東西南北の遠くまで見渡せます。

場所移して、彦根城の北東にある

国名勝【玄宮園】

琵琶湖の水を引き入れた池泉回遊式の庭園は「蓬莱山」「武蔵野」「魚躍沼」など各所に個性的な名前がつけられています。

お勧め撮影スポット 2

周辺の樹々は美しい色彩に紅葉し、水面に映る朱色は何とも趣深い美しさ。

彦根城-裏-紅葉


お勧め撮影スポット 3

楓の枝ぶりで写真の構図も大分変わりますね。

玄宮園-紅葉

お城巡りでひと休みされたい方に、お勧めなのが

鳳翔台 ― ほうしょうだい ー

玄宮園内の築山に建つ趣のある建物(藩主が客をもてなすための場所だった)
庭園を鑑賞しながら、お抹茶(500円 和菓子付き)はいかかでしょうか。

ほうしょうだい.jpg最後に

お勧め撮影スポット 4

夜の静けさがまた、玄宮園の魅力を際立たせます。

錦秋の玄宮園ライトアップ

平成30年(2018年)11月17日(土)〜12月2日(日)

玄宮園-太鼓橋.jpg

別の姿を見せてくれる夜間ライトアップ
LEDライトに照らし出された赤や黄色に色付いた木々と、幽玄な天守が優美な世界を体験させてくれます。

彦根 玄宮園 水面に輝く幻想紅葉
夢現


『彦根城の見所は?』彦根市観光企画課の方に聞きました!
玄宮園-彦根-紅葉-山田.jpg

お城の城壁と紅葉のコントラストも見所ですが、石垣の積み方や石垣の使われ方が多様で、魅力の一つです。
天秤櫓を通る際は、迫力ある石垣にも着目してみてください。
紅葉の季節に合わせ、お城と玄宮園のライトアップをしたり、関連のイベントを行なったりします。
見所満載の彦根へ、ぜひお越しください。

観月の夕べ

平成30年(2018年)9月22日(土)~10月14日(日)土日祝の 10日間
夜のライトアップされた玄宮園から眺める彦根城天守と
名月は格別の美しさを誇ります。

彦根城の詳細情報

所在地 : 滋賀県彦根市金亀町1-1
観覧時間 : 8:30〜17:00 年中無休
営業時間:8時30分~17時(天守は~17時30分)
定休日:無休

料金:入場800円(玄宮園と共通)
▼詳細は▼
彦根城観覧について

彦根城(内堀より内側)・玄宮園の観覧には入場料が必要となります。
表門、大手門、黒門、玄宮園、開国記念館前のいずれかの券売所にて入場券をお求めください。

アクセス
(公共交通):JR彦根駅→徒歩10分
(車):名神高速彦根ICから3km10分
駐車場 あり/335台/京橋口駐車場は時間制

お問い合わせ : 彦根城管理事務所
TEL : 0749-22-2742(彦根城管理事務所)