タグ「バラ」が付けられているもの

「今年の夏はを愛でに出かけよう!」

思わず撮影したくなる滋賀県のオススメ花スポットのご紹介です。定番のものから少し意外なものまで、夏の滋賀県には様々な花が咲いています。素敵な写真を撮影しに出かけてみませんか。



【いつの季節も楽しめるバラのカフェ!そこはまるで「わばら」の美術館 「WABARA Café」(守山市)】

「WABARA」を世界が注目するばら園「Rose Farm KEIJI」のコンセプトストアとして2016年にオープン。ばら作家 國枝啓司さんが生み出したオリジナルローズを五感で楽しめるカフェです。

和バラカフェ1

◆様々なバラの楽しみ方を提供

店内のテーブルや壁には、その日の朝摘み取ったばかりのバラがディスプレイされています。遠方からわざわざ訪れるという女性も多く、バラに囲まれた素敵な空間で華やかな気分になること間違いなし!食用のわばらを使用したフードやドリンクメニューが人気。手土産にもオススメのWABARAギフトも購入可能で、夏季には金魚すくいのような形でわばらをすくう「わばらすくい」も楽しめます。(1回500円)

わばらすくい

◆オーダーごとにバラを一輪プレゼント

 ここでは、カフェメニューをワンオーダーすると好きなわばらを一輪プレゼントしてくれるサービスがあります。「花を飾るきっかけを作りたい」との思いで始まったサービスで、思い出を持ち帰って楽しめます。

わばらジンジャーレモネード

(わばらジンジャーレモネード)

<WABARA Café>

●所 在 地 :守山市勝部1-13-1-101

●アクセス:JR「守山駅」より徒歩7分

●営業時間:11:00~19:00

●定 休 日 :月(但し、祝日の場合は通常営業)、火

●問合せ先:077-596-3070

●参考URL:https://rosefarm-keiji.net/

 

【花びらの数は5,000枚!600年前から守り続けている蓮「近江妙蓮公園」(守山市)】

滋賀県の天然記念物で守山市の市花に登録されている「近江妙蓮」は、慈覚大師が中国から持ち帰ったと伝えられ、「近江妙蓮公園」では夏になると一斉に咲き誇ります。

1.近江妙蓮.jpg

◆花びらの数は5,000

近江妙蓮は一つの茎に対し、花びらの数は5~6,000枚、時には8,000枚の花びらをつけることもあります。普通の蓮は、「はちす」と呼ばれる雌しべが多数の雄しべに囲まれて存在しますが、近江妙蓮は雌しべも雄しべもなく花びらだけで花ができているためです。また普通の蓮は4日間ですべての花びらが散りますが、近江妙蓮の花は20日間前後も咲き続け、そのまま数千枚の花びらを散らさないで枯れる花です。

600年前から守り続けています。

近江妙蓮は代々、田中家を中心に守り続けており、その歴史は600年以上あります。現在は37代目当主、田中喜文さんを会長とする近江妙蓮保存会や、地元の自治会の方々によって保護・管理活動を行っており、その美しさを守っています。

近江妙連公園

夏になると、ここから近江妙蓮が一面に咲き誇る様子を見ることができます。

<近江妙蓮公園>

●所 在 地 :守山市中町39

●アクセス:JR「守山駅」よりバス乗車、「田中」下車徒歩3分

●見  頃:7月中旬から8月上旬

●時  間:9:00~17:00

      (7/14~7/30は7:00開館、7/27~7/29は19:00閉館)

●料  金:大人・高校生200円

      小・中学生・障害のある方・65歳以上の方100円

      ※7/7~8/3まで有料、心身に障害のある方の付添いの方1名無料

●定 休 日 :火曜日(10〜5月は休日以外の月〜木曜日)、年末年始

●問合せ先:077-582-1340

●参考URL:https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/1568

 

【約300株の芙蓉の花が咲き誇る 「舎那院」(長浜市)】

長浜八幡宮の東隣にあり、元は八幡宮の神宮寺だった舎那院。平安時代前期、弘法大師空海により開山し、長浜城主だった豊臣秀吉公の厚い保護を受けていました。 境内では、ピンクや白色の約300株の芙蓉の花が咲き誇ります。芙蓉はキレイな女性を例える際に用いられ、美しく、おしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」と言いますが、その言葉に相応しい美しい姿を見ることができます。 9月には酔芙蓉が咲きますが、これは朝は白色の花が時間の経過とともに赤みを帯び、お酒で顔が赤くなる様に似ていることから名付けられています。

1.芙蓉.jpg

2.芙蓉アップ.jpg

<舎那院>

●所 在 地 :長浜市宮前町13-45

●アクセス:JR「長浜駅」より徒歩15分

●見  頃:8月上旬から9月上旬

●問合せ先:0749-62-3298

●参考URL:https://kitabiwako.jp/spot/spot_12720

 

【珍しい水中花「梅花藻」が人気! 「地蔵川」(米原市)】

米原市を流れ、琵琶湖へと続く天野川に合流する地蔵川。この川では夏になると、「梅花藻(ばいかも)」と呼ばれる珍しい水中花が咲きます。

1.梅花藻.jpg

◆清流にしか咲かない花

 梅花藻はキンポウゲ科の淡水植物。梅の花に似た、白く小さい花を咲かせます。水温14℃前後の清流にしか育たず、全国でも生育場所が限られています。ここの水は、2008年、環境省による「平成の名水百」にも選ばれた「居醒の清水(いさめのしみず)」という湧水が源になっており、そのため美しい姿を見ることができます。

◆夜間ライトアップで幻想的な姿に!

 梅花藻が咲く時期、このあたり一帯では夜間ライトアップを開催します。夏の夜、清流・地蔵川のせせらぎで涼みながら、昼間とは違った幻想的な雰囲気をお楽しみください。(今年のライトアップスケジュルは調整中です。日程が決まり次第、下記リンク先でお知らせします。)

バイカモ

<地蔵川>

●所 在 地 :米原市醒井

●アクセス:JR「醒ヶ井駅」より徒歩5分

●見  頃:7月下旬から8月下旬

●問合せ先:0749-58-2227(米原市商工観光課)

●参考URL:https://www.biwako-visitors.jp/event/detail/445

 

【180本近くの傘が梅雨空を満開に彩る! 「エイスクエア」(草津市)】

草津市にある商業施設「エイスクエア」では、7月16日(火)までの期間、梅雨を色鮮やかに彩る「アンブレラ・パティオ」を開催しています。180本近くの傘がエイスクエアの梅雨空をカラフルに彩ります。夜になるとライトアップを実施し、昼間とはまた違った雰囲気をお楽しみいただけます。 頭上にレンズを向けるのはもちろん、晴れた日に出来る色とりどりの影を写真に収めるのもおすすめです。

1.アンブレラ・パティオ.jpg

<エイスクエア>

●所 在 地 :草津市西渋川1丁目23番1号

●アクセス:JR「草津駅」西口より徒歩3分

●期  間:開催中~7月16日(火)まで

●営業時間:9:00~22:00

 ※店舗により営業時間は異なります。

●問合せ先:077-561-6565

●参考URL:https://asquare.ayaha.co.jp/

滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

米原市・初夏に絶対行きたいスポット【 おススメ 4選 】

~ひつじのショーン・バラ・梅花藻・ひんやりスイーツ~

初夏は様々な花が咲く素晴らしい季節です。
カメラ片手にお出かけしてみるのはいかがでしょうか?

今回は米原エリアでお花が楽しめる場所をピックアップ!
合わせておススメのグルメ&お土産もご紹介!



【 イングリッシュガーデン ローザンベリー多和田 】

ローザンベリー多和田は、手付かずだった採石場の跡地を開拓し、五感で自然を感じられるガーデンを中心に、野菜をふんだんに使った身体に嬉しいバイキングレストランや、庭を眺めてゆったりくつろげるカフェ、体験型のバーベキューなどを備えた複合型観光施設です。

2019年には「ひつじのショーン」をテーマにしたエリアもオープンしました。



◆ ガーデンの入口にあるエリア『バラと宿根草の庭』

バラやクレマチスなど、四季折々の山野草が植栽され、1年を通して様々な風景が楽しめます。

rb-バラと宿根草の庭-パンサー.jpg

ガーデンの入口には、イギリス製の煉瓦でつくられた柱やアンティークの門、
そしてガーデンのシンボル、パンサーが門番をしています。

rb-バラと宿根草の庭-門前.jpg

イギリスのロイヤルファミリーをはじめ、バラの名前には、各国の王妃の名前が多くつけられています。
「MASAKO」は天皇陛下ご成婚の際に、イギリスのバラメーカー「デビット・オースチン」が 雅子皇后陛下にプレゼントされた品種です。

rb-まさこ.jpg

バラの開花状況は〈2019年5月23日現在〉全体の3割の開花、

最盛期は6月上旬から6月中旬。

rb-バラと宿根草の庭-縦.jpg

株周りの宿根草達と上手く調和し、ここでしか見られない魅力を感じます。





約60種類の美しいバラたちが彩る『ローズガーデン』

rb-ローズガーデン.jpg

イングリッシュローズの生みの親といわれるイギリスの会社「デビット・オースチン」のバラのみを植栽したガーデンです。

優雅な形や色、香りを持つバラ。
花の中で一番好き という人も多いのではないでしょうか。

バラが一面に広がる光景は圧巻です。
バラ好きには特別な場所になると思います。

rb-つぼみ.jpg

今年のバラは元気で、例年よりも多く蕾がついているとの事、長く楽しんで頂けます。

6月下旬から開花するのが
[下・写真]白い花 → ノリウツギ

rb-7月_ノリウツギ.jpg

7月上旬から楽しめるのが
[下・写真] ハタザオキキョウ、 ピンクピンクアナベル

rb-6月_ハタザオキキョウ.jpg


草花にネームプレートが付いてあるので、草花に詳しくなくても勉強になりました。

ガーデンを一周した後、普段から自宅で草花を楽しむ生活がしたくなり、帰るときに出入口で売られている草花を思わず買いたくなりました。





電気機関車「ローザン鉄道ミルキーウェイ」

rb-機関車.jpg

2018年6月に登場した 「ローザン鉄道ミルキーウェイ」
園内を片道約1km、往復で約20分。

涼やかな風を受けながら、ゆるやかな坂道を時速6kmでゆっくりと走り抜けます。

この機関車には随所にこだわりが見られます!
先頭の中央にあるヘッドマークにはローザンベリーのロゴがあります、
また 煙突の形など木型から作られたオーダーメイド。

ずっしり重厚感のある本格的な造りは、機関車好きのお子様だけでなく、鉄道マニアも必見!

rb-機関車-バラ.jpg

100m 続くバラのアーチ!
バラの香りが充満しています、思わずゆっくり深呼吸。
高貴な香りに気分はうっとり......。

rb-電車.jpg



2019年春オープン『ひつじのショーンファームガーデン』

rb-ショーン-外.jpg

ローザンベリーの小高い丘の上に、『ひつじのショーンファームガーデン』が登場しました。
牧場主の家やショーンたちのひつじの小屋など、クレイ・アニメーションの世界観をリアルに再現しています。

フォトスポットとしても楽しめます。

rb-ショーン02.jpg

ここでは主人公のショーンをはじめ、ひつじの仲間たち、牧羊犬のビッツァーや牧場主などの人気キャラクターも登場します。

ショーンや、仲間のひつじたちが夜に眠る小屋は、内装だけでなく、トタン屋根から外壁までリアルに再現しています。
表情豊かなひつじ達を見ていると、愉快な日常が想像できて、思わず見入ってしまいます。

rb-ショーン.jpg

「ひつじのショーン」の屋外常設施設は 日本初!
また、「ひつじのショーン」の世界観を人間サイズの施設で表現するのは 世界初 です。

rb-ショーン-オリジナル.jpg

copyright.png



『ひつじのショーンファームガーデン』の東側には、カフェテラスや多目的施設、トイレ棟も建設され、お子様から大人までゆっくりする事ができます。



見晴らしの良い丘[ヒルサイドカフェ Tearoom]

rb-カフェ-外観.jpg

イギリス風の建物で、イギリスの赤いミニクーパーが目印。
サンドイッチや、フィッシュ&チップス、キッシュ、チョップドサラダの他、スイーツのメニューが用意されています。

rb-カフェ-ポテトフィッシュ.jpg

揚げたての「フィッシュ&チップス」

カリカリ・サクサクの衣、
そして中の白身魚のタラは脂がのっていてジューシー。

たっぷりのタルタルソースが付いているのも嬉しいですね。

rb-カフェ-フィッシュ.jpg



自家製パンのサンド「スモークサーモン」

スモークサーモンとアボカドでさっぱりとしたフレッシュサンド
園内にある】[スイーツ工房]で焼き上げられたパンは 外はバリっと、中はもっちりとしたハード系パン


オリジナルキッシュ「ビスク」

ぷりっぷりのエビとブロッコリーに、濃厚なロブスターソースがよく合う贅沢なキッシュ

rb-カフェ-サンドイッチ.jpg

カフェにはテラス席もあり、初夏の日差しのもと、見晴らしの良い丘から周辺の山々に囲まれたローザンベリーの園内を眺め、ゆっくりとした時間を1日過ごすことができました。

所在地

米原市多和田605−10

アクセス

公共交通機関

JR東海道本線 「米原駅駅」 下車 車 20分

高速道路米原ICより約15分

駐車場

普通車 500 台  大型車 8 台  障害者用 5 台
米原駅東口より、シャトルバス運行(土日祝日のみ運行)
※詳しくはWEBサイトをご覧ください。

米原市内乗合タクシー「まいちゃん号(要予約)」もご利用いただけます。
<ご予約・お問い合わせ先>
近江タクシー Tel : 0749-62-0106

料金

入園料:大人 1000円(中学生以上)/ 小人 500円(3歳以下)/ 2歳以下無料

営業時間

10:00~17:00(レストランは11:00~15:00/受付14:30まで)

※冬季期間12月~3月は10:00~16:00の営業となります。

定休日など

毎週火曜日(祝日の場合は営業)
※ガーデンシーズンのため、2019年6月4日・11日の火曜日は休まず営業いたします。
年末年始・臨時休業あり

WEBサイト

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/20985

お問い合わせ

(株)メリーデイズ ローザンベリー多和田
「 ENGLISH GARDEN ローザンベリー多和田 」

TEL:0749-54-2323




地蔵川に咲く水中花【 梅花藻(バイカモ)】

JR東海道本線の 醒ヶ井駅 から南へ徒歩5分のところにある地蔵川。

この川は「居醒の清水(いさめのしみず)」と呼ばれる湧水に源を発し、醒井宿の中を旧中山道に沿って西へ流れ、天野川に合流し琵琶湖に注ぐ小さな川です。


地蔵川.jpg

◆ 5月中旬~8月下旬まで花をつけます

梅花藻と呼ばれるこの水草は、水温14℃前後の清流にしか育たず、全国でも生育場所が限られています。
梅の花に似た白い小さい花で、可憐な水の妖精のようです。

伊吹山などこの近辺は石灰地層が多く、雨水は伏流し長い年月をかけて湧水として出てきています。
「居醒の清水」と言われており、2008年6月「平成の名水百選」(環境省)にも選ばれています。

地蔵川-カワムツ.jpg

水に手を浸すと、ひんやりとして気持ちがいいのですが、数秒つけたままにしていると、ちょっとしびれるぐらいの冷たさです。

地蔵川-梅花藻アップ.jpg

梅花藻のクローズアップ。
接近してよく見ると、とても可愛いらしい花であることが分かります。

地蔵川-梅花藻.jpg

所在地

滋賀県米原市醒井

アクセス

[公共交通]

JR醒ヶ井駅から地蔵川まで徒歩5分

[駐車場]

有(お車でお越しの場合は、醒井水の宿駅駐車場をご利用ください。)

お問い合わせ先

米原観光協会

WEBサイト

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/3522

TEL

0749-58-2227

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください




創業100年以上の老舗【 丁子屋製菓】

醒ヶ井駅から歩いて10分弱の地蔵川沿いにあります。
ちょっとした休憩にピッタリのお店。

期間限定「名水まんじゅう」

丁子屋製菓-水まんじゅう.jpg

「居醒の清水」の名水を使い、作られています。
冷たくひやされた 程よい甘さの餡に、つるんとした喉越し良さが絶妙です。

珍しいラムネ味を頂きました。
見た目もキレイなラムネ色、新しいような懐かしいような不思議な味を是非お試しください。



他では見ることができない..「梅花藻ういろう」

丁子屋製菓-ういろう.jpg

梅花藻のパウダーが練りこまれています。

梅花藻の効能は...
ポリフェノールが抹茶とほぼ同じ、鉄がほうれん草と同程度以上、亜鉛が枝豆の2倍以上、銅はパセリの約4倍、食物繊維はきのこ類とほぼ同じとのこと。

健康に良いとされる成分が多く含まれています。

ういろう柔らかく、優しい甘さが食べやすいです。

丁子屋製菓-ういろうカット.jpg

他にも店頭では、醒井宿散策のおともに人気の「梅花藻ソフトクリーム」も販売してます。

丁子屋製菓-ソフト.jpg

所在地

米原市醒井392番地

アクセス

[公共交通]JR醒ヶ井駅から徒歩15分

[自動車]北陸自動車道米原ICから約10分

[駐車場]無し

TEL

0749-54-0128

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください






米原の魅力を発信【 醒井水の宿駅(さめがいみずのえき)】

JR東海道本線の 醒ヶ井駅 からすぐ。

みゆき-外観.jpg

地元や近隣の農家さん直送の旬の野菜やくだもの、市内で愛される銘菓など 美味しいものがたくさん揃った特産品販売所です。
また、名物のマスや小鮎の加工品など個性ある特産品があります。

みゆき-内観.jpg

◆ ここでしか手に入らない手作りの梅花藻グッズを発見

みゆき-梅花藻グッズ.jpg

かわいい白いお花が入った梅花藻ボールペン、ストラップなども販売されています。
どれにしようか迷ってしまいます。

一番人気「六方焼」

みゆき-六方焼き.jpg

パッケージの梅花藻柄がお洒落です。
中は白あんであっさり味なので、幅広い年齢層に好まれそうです。

スタッフ いち押し「天野川蛍 最中」

ほたる最中.jpg

薄いパリッとした皮と絶妙な食感の粒あんがギッシリ詰まっています。
やわらかい求肥入りで、ひとつで満足できる一品です。

「居醒の清水」を使用した絶品コーヒーが飲める「喫茶コーナー」、食事ができる「おふくろバイキング」もおススメです。

所在地

米原市醒井688-10

アクセス

[公共交通]JR醒ヶ井駅すぐ

[自動車]米原ICから約5分

[駐車場]普通車60台

営業時間

9:00~17:30〈おふくろバイキングは11:00~15:00
※季節や部門によって異なります〉

定休日

年末年始

URL

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/2017

TEL

0749-54-8222

FAX

0749-54-8223

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください


滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

米原市 - 観光パンフレットダウンロード



春の大津でバラ三昧〜♥︎

ポカポカ陽気のこの季節、大津には華やかなバラを楽しめる場所がいくつもあります。イイお天気に誘われて、ぶらりとバラの花詣でに出かけてみました。

bara1.png

ハイッ!こちらはご存知びわ湖大津館。傍らのイングリッシュガーデンでは、もうすっかり盛りを迎えた約150種、2,000株の色とりどりのバラが咲き競っていました。

bara4.png

右上の白いのはシャクヤク。

イングリッシュガーデンでは、6月中旬ごろまで次々と蕾が咲いていくそうです。6月12日(日)までは「春のローズフェスタ」が行われていて、土日を中心に楽しい催しが用意されているとか。また遊びにくるかも・・・です。

さて、イングリッシュガーデンを後にして、国道161号線を北へ15分ほど車を走らすと、もう一つの"バラ穴場"「湖西浄化センター」があります。

bara6.png

ここは普段は公開されていませんが、毎年春と秋、バラの開花に合わせて一般開放されます。この春は6月3日(金)まで。

bara7.png

こちらのバラは約70種、800株。駐車、入場とも無料ですが、専用窓口で受付を済ませてくださいネ。

たくさんのバラに囲まれていると、なんだか優雅な気分になって、と〜っても癒されました。滋賀のこの季節、ホント大好きです。(俊)

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ