トップページ > ... > 検索結果 > 彦根城

ライトアップ
     

ひこねじょう

彦根城

最終更新日:2011年3月27日

城・城跡
琵琶湖八景
 
 

 姫路城などとともに天下の名城の一つに数えられる彦根城は、井伊直継(なおつぐ)・直孝(なおたか)によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年(1622)に完成しました。佐和(さわ)山城・安土城・長浜城・大津城の石垣や用材が使われました。月明かりに浮かぶ彦根城は美しく、琵琶湖八景の1つに数えられています。明治時代の廃城令や戦火を免れた彦根城の勇壮な姿を、城内散策で眺められます。また、彦根城の別名金亀城(こんきじょう)の名は、彦根城築城以前、彦根山上にあった寺院に金の亀に乗った観音像が安置されていたため、と言われています。国指定の特別史跡です。

<二の丸佐和口多聞櫓(さわぐちたもんやぐら)>入口に向かって左側は、佐和山城から移築されたものです。右側は、開国から100年を記念して鉄筋で作られました。現在、市民ギャラリーになっています。

<天秤櫓(てんびんやぐら)>羽柴秀吉(はしばひでよし)の長浜城大手門を移築したといわれます。廊下橋を中心に左右対称に櫓が並び立つ姿が、天秤に似ていることからこの名が付きました。この櫓の形は彦根城だけといわれ、国指定の重要文化財です。

<太鼓門櫓(たいこもんやぐら)>本丸表口を固める勇壮な迫力を感じさせる楼門で、城中合図の太鼓を置いたことからこの名が付きました。釘跡が残っているのは、彦根寺楼門が移築されたためと伝えられていますが、佐和山城か長浜城の城門を移築したものという説もあります。いずれにしても釘跡は移築前の建物の痕跡と見られています。国指定の重要文化財です。

<天守>牛蒡積(ごぼうずみ)みと呼ばれる石垣は自然石を使い、重心が内下に向くように作られ、外見は粗雑だが強固な造りです。その上に三重の天守が立っています。規模は小さいが、屋根の曲線の調和が美しく荘厳な雰囲気を持っています。また、花頭(かとう)窓が配列されているのも特長の一つとされています。国宝。

<三重櫓>西の丸は、文庫が立ち並んでいたところですが、今は桜の木が植えれ、春には桜祭が行われ、花見の宴の客でにぎわいます。国指定の重要文化財です。

<国宝>天守 付櫓及び多聞櫓 彦根屏風
<重要文化財>太鼓門及び続櫓 天秤櫓 西の丸三重櫓及び続櫓 二の丸佐和口多聞櫓 馬屋 我宿蒔絵硯箱

<コラム>---
「時のオルゴ−ル」

 お山の鐘として、市民に親しまれている彦根城の時報鐘。
 この鐘、当初は鐘の丸に設置され、ご城下に時を知らせていましたが、幕末期に、より遠くまで音色の美しいときを知らせるようにと、多量の小判を投入した鐘に造り直され、太鼓門近くの高台に移されました。
 ご城下の人々は、領民安堵のシンボルとして天守を眺め、時報鐘で時を知り、生活を営んでいたのでありましょう。
 往時の建物を目で見て、音色も同時に聞くことができるのは、彦根城ならではのもので、時報鐘は時代の移り変わりを音色で知らせる「時のオルゴ−ル」として、今も1日5回打ち鳴らされています。

●琵琶湖八景「月明:彦根の古城」

Webサイト
http://www.hikoneshi.com/別ウィンドウで開く

歴史上の人物

井伊氏
井伊直政
   

滋賀県にある「日本の百選」

日本の音
   

彦根城の花

 (3月中旬〜3月下旬)
紅葉 (11月中旬〜11月下旬)
 (7月下旬〜8月中旬)
 (4月上旬〜4月中旬)
所在地 滋賀県彦根市金亀町1-1 【地図(GoogleMap)
アクセス 公共交通機関 JR琵琶湖線「彦根駅」下車 徒歩 15 分
名神彦根ICから車で10分
駐車場 普通車280台
大型車25台
その他 駐車場 普通車400円、大型車1500円
料金 大人600円、小人200円
※団体割引あり(30人/10%、100人/20%、300人/30%)
営業時間 8:30から17:00
定休日など 無休
お問い合せ 彦根城
TEL:0749-22-2742
FAX:0749-22-2905

関連情報

  • イベント
  • モデルコース
  • 特集
彦根城夜楽 第2夜 〜彦根35万石の夜景〜  11月29日()
あなたは夜の彦根城に登ったことがありますか?

全国城サミットin彦根・彦根城フェスが開催される今年、
一年間にたった二日だけ、夜の彦根城を特別に一般公開いたします。
誰もが街から見上げるだけで、ほと...
実際にたどる琵琶湖八景の旅
いにしえの旅路を満喫コース
日本の歴史が動いた 近江・天下取りの道
信長・秀吉・家康などのゆかりの地を巡るコース。
精鋭の将 井伊の赤鬼物語
国宝・彦根城と徳川四天王・井伊家ゆかりの地を巡るコース。
戦国の歴史を垣間見る 近江・城めぐり
全国的に見ても城・城跡が多数残る滋賀を巡るコース。
井伊家35万石の城下町 彦根をめぐる
彦根城下街散策コース
滋賀が舞台となったロケ地をめぐる
滋賀が舞台となったロケ地をめぐるコース
銘菓にちなむ近江歴史探訪
銘菓にちなむ近江歴史探訪コース
滋賀県にある「日本の音風景百選」
環境省認定。「三井の晩鐘」と「彦根城の時報鐘と虫の音」が選ばれています。
井伊氏ゆかりの地
幕末の大老・井伊直弼を始めとする彦根藩主・井伊家ゆかりの地です。
琵琶湖八景
琵琶湖全体の景勝地から選ばれた琵琶湖八景。琵琶湖の雄大さを実感してください。
『滋賀のええフォト★コンテスト 2014・夏』 を開催します!!
◎投稿受付:2014年6月27日(金)〜8月24日(日)
滋賀県各地からステキな賞品をご用意しました。滋賀のお気に入り写真を撮って、どんどんご応募ください!!

周辺情報

  • 周辺観光スポット
  • おみやげ
  • 飲食店
  • 宿泊施設
周辺 4km
七曲がりの仏壇街
中山道の高宮宿から彦根城へ向かう道を彦根道と言い、芹川の近くで幾度も道が屈曲しており、ここを七曲りと呼んでいます。現在は彦根の伝統産業の仏壇を作る店が軒を並べています。伝統工芸品「彦根仏壇」は、木...
真言宗 近江 大師寺(彦根駅前の弘法さん)
彦根へ来たら一番に参る小さな寺です。*日本随一の寝弘法さん(等身大のブロンズ臥像)と彦根一カ所七福神(石仏)が奉安されています。彦根駅から徒歩5分のところにある小さなお寺で、彦根周辺の皆様からは「駅...
彦根仏壇事業協同組合
江戸時代の中期に始められ、彦根藩の保護奨励によって発展しました。一般に「仏壇七職」と呼ばれるように、各部門に分かれた腕のいい職人の手を経て作られます。日本の伝統的な塗仏壇の一つで、国の伝統的工芸品...
周辺 4km
味覚の宿 双葉荘
政府登録国際観光旅館双葉荘。「お客様には、おうちでくつろがれるようにおすごしいただけたら・・・」ともうひとつの「わが家」のようにどうぞお気軽にお越しください。湖国の幸をそえて、お待ちいたしております。
株式会社永樂屋
井伊家の城下町として栄えた彦根は、数多くの伝統文化を有し、中でも江戸中期に始まったお仏壇造りは、現代わが国最大の金仏壇の産地として高い評価を得ています。永樂屋は文政3年(1820)の創業以来、この伝統技...
彦根一休庵
「彦根で旨い酒と新鮮な刺身が食べられる店は?」と聞けば、真っ先に名前が挙がる。それが彦根一休庵です。彦根城観光の前後に、美味しいお魚はいかがですか?ランチタイムには豪華な海鮮丼が980円!ぜひ一度ご賞...
周辺 4km
味覚の宿 双葉荘
政府登録国際観光旅館双葉荘。「お客様には、おうちでくつろがれるようにおすごしいただけたら・・・」ともうひとつの「わが家」のようにどうぞお気軽にお越しください。湖国の幸をそえて、お待ちいたしております。
あゆの店きむら 京橋店
干し鮎からダシを引いたあゆ雑炊に、焼きたての鮎の塩焼きなど、湖北ならではの味わいです。
うなぎや源内
厳選した国産鰻を備長炭とコクのあるタレで焼き上げました。身は“ふわっと柔らか”、皮は“ぱりっと香ばしく”が自慢のうなぎ丼をはじめ、お勧めの『源内ひつまぶし』は4回の違った食べ方で鰻を楽しめる、女性に人気...
周辺 4km
料亭旅館 やす井
老舗料亭旅館として創業明治2年の歴史を守っています。すべての客室が、400坪の日本庭園に面し、四季の自然が心を和ませます。四季のしつらえもゆかしい客室。坪庭にしつらえた天然露天風呂。浴槽はすべて檜...
味覚の宿 双葉荘
政府登録国際観光旅館双葉荘。「お客様には、おうちでくつろがれるようにおすごしいただけたら・・・」ともうひとつの「わが家」のようにどうぞお気軽にお越しください。湖国の幸をそえて、お待ちいたしております。
ホテルサンルート彦根
彦根藩井伊家三十五万石の伝統ある街並みにふさわしい、洗練されたリラックススペースをお約束するビジネスホテルです。ビジネスや観光の拠点には最適です。快適な館内では季節の味覚を楽しめるお食事処や宴会場...

彦根市の情報

観光スポット
  • 観るスポット
  • 遊ぶスポット
  • 食べる・買うスポット
  • 泊まる
  • 温泉・入浴施設
  • 自然図鑑