本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 一覧
  3. 詳細情報

沙沙貴神社のなんじゃもんじゃ(滋賀のええフォト☆コンテスト2016春)

 「沙沙貴神社」は古代の「沙沙貴山君」が崇敬した「延喜式」式内社である。
 近江国の蒲生野にあり、古くから沙沙貴郷あるいは佐々木庄と称されたこの地は、宇多源氏佐々木発祥地であり近江守護である佐々木一族、沙沙貴郷33村を始めとする人々の信仰を集めた。
 平安・鎌倉様式を継承し江戸中期に再建された茅葺きの「楼門」や、東西廻廊と四国九亀藩主京極家によって弘化5年(1848年)に建築された「本殿」「権殿」「拝殿」など大型木造建築八棟はすべて重要文化財に指定されている。
 境内の随所に佐佐木氏(佐佐木源氏)の四ツ目結い(七ツ割四ツ目)の定紋が見られ全国の宇多源氏・佐佐木源氏(京極家、黒田家、三井家、佐佐木家など二百二十余姓)ゆかりの人たちが信仰する神社である。
 4月末から5月中旬にかけて「うらしま草」や、「なんじゃもんじゃ」の花が楽しめます。

撮影場所

近江八幡市

カテゴリー

季節

関連情報

沙沙貴神社

沙沙貴神社のなんじゃもんじゃ(滋賀のええフォト☆コンテスト2016春)

13611

  • 検索結果一覧へ戻る