法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 伊藤忠兵衛記念館

伊藤忠兵衛記念館 いとうちゅうべえきねんかん

最終更新日: 2015年7月6日

基本情報

 現在の大手商社伊藤忠(いとうちゅう)・丸紅(まるべに)の創始者で近江商人の筆頭としてあげられる伊藤忠兵衛(いとうちゅうべえ)(1842-1903)が住んでいた屋敷を記念館として開放しています。
 忠兵衛は繊維品小売業を営んでいた紅長(べにちょう)の家に生まれました。彼は、17歳で西日本へ近江麻布を持って行商に出かけ、長崎出島で見た海外貿易の盛んな様子に刺激され、後に我国の海外貿易のパイオニアといわれるまでになった人物です。貿易のほか、銀行・造船・保険なども手がけ、豊郷村の村長も務めました。
 忠兵衛の旧宅(現在は記念館)は、旧中山道に面し、「見越しの松に黒い塀」と呼ばれる板張りの塀と、その向こうに見える松がひときわ目立ちます。内部は、忠兵衛が生活していた頃をそのままの形で残されています。また、旧宅のすぐ近くに伊藤忠兵俺の遺徳を偲んで造られた、くれない園があります。

所在地 豊郷町八目128-1
アクセス
名神八日市インタ−から約30分
名神彦根インターから約25分
その他
JR琵琶湖線稲枝駅から近江バスくれない公園前下車、徒歩1分
料金 無料
営業時間 10:00から16:00
定休日など 月曜日
お問い合わせ

伊藤忠兵衛記念館

TEL:0749-35-2001

観光・レジャー

 現在の大手商社伊藤忠(いとうちゅう)・丸紅(まるべに)の創始者で近江商人の筆頭としてあげられる伊藤忠兵衛(いとうちゅうべえ)(1842-1903)が住んでいた屋敷を記念館として開放しています。
 忠兵衛は繊維品小売業を営んでいた紅長(べにちょう)の家に生まれました。彼は、17歳で西日本へ近江麻布を持って行商に出かけ、長崎出島で見た海外貿易の盛んな様子に刺激され、後に我国の海外貿易のパイオニアといわれるまでになった人物です。貿易のほか、銀行・造船・保険なども手がけ、豊郷村の村長も務めました。
 忠兵衛の旧宅(現在は記念館)は、旧中山道に面し、「見越しの松に黒い塀」と呼ばれる板張りの塀と、その向こうに見える松がひときわ目立ちます。内部は、忠兵衛が生活していた頃をそのままの形で残されています。また、旧宅のすぐ近くに伊藤忠兵俺の遺徳を偲んで造られた、くれない園があります。

お問い合わせ

伊藤忠兵衛記念館

TEL:0749-35-2001

close