うぐい川(鮎河の千本桜)

うぐいがわ

更新日
2021/03/22

    鈴鹿山系の麓、四季折々に彩られる深い山々に抱かれた静かな里、鮎河。その深き谷間を縫い湧き出す清水が集まり、清らかなうぐい川の流れとなります。その左右の川辺に植えられた約200本のさくらは、冬の厳しさを耐え抜き、春の訪れの喜びを表すがごとく一斉に開花します。現在、ソメイヨシノ・オオシマザクラ・ボタンザクラ等、鮎河の集落全域で約700本のさくらがあり、鮎河のさくらを守る会、鮎河老人会は鮎河千本桜の実現を夢見て頑張ってさくらの手入れをされています。すっかり名所となったうぐい川の桜、地元住民だけでなく、遠くは県外からも花見客が訪れ、たいへんな賑わいを見せています。

    所在地
    甲賀市土山町鮎河
    アクセス
    公共交通機関
    JR草津線 「貴生川」 下車 バス 50分 鮎河口
    新名神高速道路甲賀土山ICを降り、国道1号線を右折し土山支所交差点を左折し約10分程度道なりに進めば、鮎河の集落に到着します。
    駐車場
    大型車 10 台
    料金
    桜開花期間中、環境協力金として駐車料金を頂いております。
    観光バス・マイクロバス等は事前予約が必要です。(本年度中止)
    詳しくは、甲賀市観光協会へお問合せ下さい。
    2021咲くや鮎河さくらまつり→中止・桜開花期間中臨時駐車場は開設しません。
    ライトアップも中止。
    予約の要否
    ウェブサイト
    お問い合わせ

    甲賀市観光協会

    TEL
    0748-60-2690
    FAX
    0748-60-2690
    E-mail
    メールアドレスを表示